趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


毎日会いたいんだけどね。

投稿者: kimkim, カテゴリー: A3, E320, F355, MINI COOPER, デルタ, 車ネタ

F355との生活も半年が経とうとしております。 昨年の10月に手に入れて、ちょこっと乗って長距離恋愛4ヵ月。やっと帰ってきたと思ったら「お気に入りの子がいる店に毎日行きたいんだけど、懐具合がね・・・」 みたいな心境です(>_<)  まぁ、この車との付き合い方はそうするしかないですもんね。 毎日銀座へ飲みに行くような生活はできません! ちぃと、おおげさか? (笑)

車はある程度走らせたほうがイイことは、ずいぶんと乗らなくなったデルタを見ていればわかります。 乗らなくても壊れていくのが古い車の性。 週末にちょこっと乗って、ガレージに仕舞い込んで、バッテリー充電器をつないで赤いボディカバーをかけて週末までさようなら。 もっと何かをしてやりたいという悪い癖が、この車を弄りったりモディファイをする方向へ逝くのを自制している感じもあります。 それで、とんでもないことになったのがデルタです(笑) 気づけばいつも比べていますかね、、、。

話は変わりますけど今日が発売のNAVI CARSを買って読んでみました。 F355だってスーツに革靴で運転してますし、自分にとってマニュアルトランスミッションの車を運転することは当たり前だし、現在も所有している3台がマニュアル車です。もちろんメルセデスをはじめATの車だって運転します。 思い返せばヘンテコなシフトのシトロエン2CVをはじめとする左ハンドルのマニュアル、現在も所有しているミニの右ハンドルのマニュアル、左ハンドルのATやら右ハンドルのAT、挙句の果てには会社の車のコラムATやコラムMTまで、座った瞬間から自然に運転ができますね。 今では同じ日にいろいろな車に乗り換えても、外車の右ハンドル特有のワイパーとウインカーの操作ミスすらないです。

速く走ることはすでにAT車の方が上回るのでしょうけど、やっぱりマニュアルの操作しているっていう感覚が好きですね! 少数派万歳!(笑) でも、今年中にパドルシフトの車にも乗ってみたいです。

コメントする

90年代の4台

投稿者: kimkim, カテゴリー: E320, F355, MINI COOPER, デルタ, 未分類

1990年代の車を4台所有すると、こんな年もありますがなw なんにも無いガレージでしたが、年末にとりあえず3台が復活しました!

まずはゼッケンサークルを剥がしたら、塗装のクリアまで剥がれた1997年式のミニ(笑) ついでにリアにもクリアが剥がれてみすぼらしい部分があったので、塗装に出して、つい先日に戻ってきました。 復活祝いに英国のナンバープレートなんぞをルーフキャリアに取り付けてみました。 英国はフロントのナンバーは白色ですが、リアが黄色です。

続いて同じく1997年式、一昨年10万円で買った320Eです。 コインパーキングで今年2回目の当て逃げに合い、前回と同じく右前を破損。 修理ついでにクリアの剥がれたボンネットとドアミラーのカバーを塗装してもらいました。せっかくなので磨きもかけてもらってピカピカになって帰ってきました。現在12万7千キロ、まだまだ走れます。

そして4月から8カ月に渡って預けっぱなしになっていた1992年式デルタも復活! 当初、ステアリングラックからのオイル漏れで入庫だったのですが、引き取り当日にセルモーターが昇天。なんとかローダーに積み込み、事なきを得ました。修理が終わって納車と思いきや、今度はエンジンがかからず(苦笑) イグナイターのハーネスが断線していたのが原因でした。 今度こそ復活だ!と10月ごろに待ち構えていると「油圧が全くかかりません!」とのご連絡(笑) この時点で年内に戻ってくることは諦めたのですが、オイルポンプの新品部品が入手できて、めでたく年内納車となりました。 今年は乗ってもいないのに壊れていくという人騒がせな駄々っ子ぶりを発揮してくれました。

もちろん、今回も「ついで仕事」をお願いしておりまして、ラジエターをアルミ製にしたことと、それに伴い配管を一新、エンジン後ろの配管を取っ払い、ワークス的な取り回しにしていただきました。あとはオイルフィルターをフロントバンパーの中に移設していただきました。 ここのところF355に乗っていたので、デルタの加速感なんて大したことないだろ?くらいに思っておりましたが、なんのなんの! シートにめり込む加速感はF355では味わえないものがあります。この車、やっぱり楽しいです(^^)

ガレージに収まり「やっぱりセンターは君だね!」と思わせるたたずまいでございます。

オールキャストが揃わない2013年の年の瀬でございましたが、1996年式F355は各部点検のため遠く奈良の地で年越しです。 すでにリフトスペースに移動しており、これから健康診断に入ります。おそらく来月末ごろには戻ってくるでしょうから、その時はオールキャストで撮影をしてご報告します。(写真はナカムラエンジニアリングさんから使用承諾をいただいております)

来年は、もう1台だけ道楽車を迎え入れたいと思います。お楽しみに!

コメントする

時間を遡る

投稿者: kimkim, カテゴリー: A3, E320, F355, MINI COOPER, VOLVO, デルタ

CG名誉編集長、小林彰太郎さんが亡くなられてすでにひと月以上も経つ。 物心がついたころから車が好きで、スーパーカー世代に育ち、高校の先生が乗っていたカムリに「いかしてる!」と、憧れた世代だった。 創刊から半世紀以上も経つ雑誌ですが、私が愛読書として購入を始めたのは初代ソアラが特集された1980年代から。

デルタを購入してから他の車に興味がなくなり、空白の何年かも存在したが、次から次へと登場する新車たちの記事を立ち読みしては「うん、まだまだイケる!」などと、過去の車に乗っている自分に向けて言い聞かせていた。 若いころというのは「形遅れ」という言葉に敏感で、古臭くてチープな印象しかなかったのだが、歳を重ねるごとに考え方は変わり、古くて良いモノに興味を持つようになってきた。やっぱりそんな車好きにとって、カーグラフィックという雑誌は欠かせない。

車好きとかカーマニアだとか、いろいろな言い方はあれどカテゴリはひとつ。ただ、人間は自己主張や人と違うモノを・・・という生き物なので、国産派か外車派か? 外車派ならラテン系かジャーマン系か? セダンなのかハッチバックなのか? ノーマル主義なのか弄り倒し系なのか? そんな風にLIKEに始まった恋をLOVEにしようとする。 べつにお他人様がどんな車との付き合い方をしようが知ったことではないのですが(笑) 人から価値観や好みを押し付けられるのが何よりも嫌いな性格ゆえ「乗らずして語るべからず」という自分なりの考え方を固めた。 結果的にアメリカ車を除く、日本・イタリア・ドイツ・フランス・英国・スウェーデン車の車歴を持つに至っているわけですが、まだまだ乗りたい車は山ほどあります。

今のところ、新車について「いいなぁ~」と思っても、なかなか手が出せる状況ではありませんが、これから付き合う車たちを手に入れた時、時間を遡ってCGのバックナンバーを入手して読むことでしょう。 そんなもうひとつの取扱説明書みたいな雑誌です。

最後の最後まで素晴らしい生き様だったと思います。
ご冥福をお祈りしますとともに、感謝を申し上げます。

 

コメントする

古き良きもの

投稿者: kimkim, カテゴリー: F355, MINI COOPER, ガレージ, デルタ, 車ネタ

新しいモノのほうが性能は良いに決まっている。そうじゃなければ「技術の進歩だ核心だ!」なんてのは意味が無い。 ただ、人間というのは天邪鬼みたいなところもあって、新しく良いモノが発売されると、いままで大して気にもしなかった古いモノの良さを感じる場合もあります。 これが新しいモノが買えない人間の僻みや妬みになっちゃうと、ただのみっともない評論家になってしまうわけですが、いまさら流行を追いかける歳でもないだろうし「今年のデニムの細さやスーツの形状」くらいのツボを押さえて、あとは若い連中と同じ気になって流行を追いかける必要もないと思うとります。 まぁ、周りでも流行を追いかるそんなワタクシを「お洒落!」なんて言ってくれる人も減りましたけどね(苦笑)

さて、ちょうどランチアランチが開催されていた12月1日、フラッと見学にでも行こうかと着替えをして準備をしていると「地下のゴミみたいなモノを何とかして!」と天の一声が二階から聞こえてきました。 車を道楽とするワタクシにとって「ゴミとはなんたる言いぐさか!」と、カチンときたわけですが、まぁ自分でもうすうす気づいてはいました(笑)

ここのところ、週末はF355とドライブばかりでしたし、前日にはル・ガラージュへ買い物に出かけていたので、あっさりと従うことにしました。 いかんせん小物が多いので、まずは収納をするために、都内に住む叔母さんから1年ほど前に頂いた飾り棚と机を組み立てます。 これは叔母さんが30年来使っていたモノでして、いい感じにレトロです。老夫婦になった二人が自宅を売却し、マンションに移り住む時に「不要になったから引き取らない?」と言われたのです。「あの人は安物は買わないから・・・」と、嫁さんがアドバイスをしてくれたので、解体をしてもらった状態で都内まで引き取りに行き、持ち帰ったまま放置していました。

本当はこの色目とかデザインとかがあまり好きじゃなくて、ガレージやリビングに置くことに気が進まなかったのですが、組み立てている最中に扉の造りとか、ガラスの面取りだとか、職人さんが作った感が満載なことに気づきます。「今の家具では絶対に真四角にしちゃうよな・・・」という扉のアール部分なんかは匠の技です。適度な重みもあり、これは車にも共通することですが、高級感にも一役買う要素だなんて思います。 実際に組み立ててみると、扉の閉まる感触だとか、たたずむ姿だとかがブラシーボ効果が半分くらいあるにしても違って見えます。 使い込んだ机も同じです。引き出しの感触なんかは、なんとも言えないフィーリングです。

あとは集めていたモノを陳列するのと、そうじゃないモノに分けて、後者は木箱に詰め込んで収納して写真をパチリ。 「やっぱり良いモノは写真で見ても違うなぁ~」なんて自己満足に浸りつつ、きっと人間も同じなんだよな・・・セレブな方たちに独特の雰囲気があるのは、そういうモノに囲まれて生活しているうちに、何かが磨かれるんでしょうかね? それはさておき、「これどうかなぁ?」と思ったら、人に聞くよりもバシバシと写真を撮って、客観的にみるのもセンスを磨く手段なのかもしれません、、、精進したいと思います。

最後に、雑誌の山を整理していたら、1992年~1996年あたりに配られたF355・456GT・550マラネロ・F50のプレスキットが出てきました。当時のフェラーリディーラーにおけるラインナップだと思います。 購入した覚えが無いので、当時からフェラーリ好きだと知っていた誰かから頂いたものでしょう。 当時もお礼を言ったと思いますが、あらためてありがとうございました。

コメントする

水槽の近況

投稿者: kimkim, カテゴリー: E320, MINI COOPER, アクアリウム

車ネタとガレージのほうは、最大のネタ提供元であるデルタが昨年から不動状態ですので、後で記述するミニの車検くらいです。 水槽のほうは相変わらず魚ごっちゃり、サンゴいっぱいの水槽維持に振り回されています(苦笑) 立ち上げから3年が経過したペンタゴン水槽は、魚たちの状態は安定しました。 ボスでもあるタテジマキンチャクダイ(沖縄)、アズファー(紅海産)、アフリカヌス(西アフリカ)の大型ヤッコをはじめ、そのほかの魚たちも順調です。

ただ、やはりミドリイシはダメになる個体も多くて悩んでしまいます。 水替えは毎週120リットル、それでも魚が多いせいで硝酸塩が多いのか、ダメになるミドリイシも少なくないので、生体の追加は控えています。 目下、ケイ酸とリン酸塩を除去すべく、吸着剤を駆使して様子を見ています。 まぁ、そんな環境でも成長したり、元気なミドリイシも多いわけでして、やはり光とか流れとかの環境も影響しているのだと思います。 プライベート水族館を目指したいので、本当はもう1本水槽を立ち上げたかったのですが、娘の海外研修やら息子の高校入学やらも重なって、今年はパス(笑)

話はかわってミニですが、雪の日にあまりにも弱いメルセデスの不甲斐なさに困り果て、スタッドレスタイヤを購入しました。 ホイール付きバリ山タイヤ4本で2万円(笑) デルタのタイヤ1本より安いじゃないか! 今年は車検なので、ついでにブレーキ周りのフル整備をして、これからまた降るであろう雪のために備えます。 「気分は60年代のモンテカルロ!」なのですが、本当はデルタで走りたいです(苦笑) 動く状態でも走らせませんけどね(^_^;)

コメントする

謹賀新年

投稿者: kimkim, カテゴリー: MINI COOPER, ガレージ, デルタ

松の内も過ぎちゃいましたし、大変遅ればせながら今年もよろしくお願いいたします。 初詣で引いたおみくじに「趣味は徹底的に探究せよ!」とありましたので、今年もガンガン逝ってみようと思います(苦笑) 毎度おなじみの風景になりましたが、昨年末と姿を変えた車両が1台。 所有の車でカフェレーサーを気取れるのはミニくらいなので、ゼッケンサークルを貼ってみました。 正月休みに車関係でやったことはこれだけ・・・。

さて、かれこれ2か月不動状態のデルタですが、素人の手には負えそうにないので、そろそろ預けることにしました。 これまた恒例のついで仕事も含めて(笑) 結局、おみくじなんかに書いていなくてもやることはやるんですよ。 今年のメニューはズバリ!ラジエターとインタークーラーとエアクリーナーのワークス化。 為替が気になります・・・

コメントする

無謀

投稿者: kimkim, カテゴリー: MINI COOPER

更新をご無沙汰しておりました。最近はFBばかりでBLOGのほうはご無沙汰でした<m(__)m> さて、ネタがありすぎて何から書いてよいモノやらという感じですが、まずはミニ。 先日は某所へ向かう途中に急な雪に見舞われ、スタッドレスタイヤを履いていなかったという、雪の関係の商売をやっているとは思えない失態を犯し、まさかの乗り捨て(笑) 30年ぶりくらいにヒッチハイクをして目的地に辿り着くというありさま。 深々と雪が降る山道を独りでトボトボと歩いているところに通りかかってくださった現場へ向かう方たちが神様に見えました(苦笑) その後は会社の積載車で撤収。 またしてもこんな車のために8トンセルフを呼びつけてしまう迷惑な社長でした。 深く反省しております。

そして、耳の穴がかゆくなるくらいのマッサージ機ばりの振動が出ていたのですが、これまたエンジンマウントを交換したサービスマンのせいではなく、3番プラグの失火が原因でした。 プラグコードを外したら、赤錆の粉がドバっと舞い散り、おもわず「疑ってごめんよ・・・〇〇くん」と呟いてしまいました。 初心忘れるべからずです。 それにしても中年オヤジばりに触るとオイリーなエンジンルームをなんとかしないとイカンですね。

そうそう、E320も点火系の不具合で入院中です。デルタもいまだ不具合が完治せずに不動状態・・・。危うく3台とも全滅するところでした(笑)

コメントする

SMITHS モーターウォッチ

投稿者: kimkim, カテゴリー: MINI COOPER

ミニには時計がない。 英国紳士は時間を気にしないのか?いや、イタリア人じゃあるまいし(笑) まぁ、腕時計を身につければ済むことなので、大衆車には装備する必要もなかったのでしょう。 さて、どうせならSMITHSの時計でもおごってやろうということでモーターウォッチとやらを入手しました。 いちおう1950年代の品らしいのですが、数千円から1万円程度と他のアンティーク品のように高価なものではありません。 ゼンマイ式で日差1~2分という、現代では許されない狂い方(爆) ファッションなのでそれも良しとしましょう。

4本の爪で懐中時計を固定してダッシュボードに取り付けるブラケットなのですが、さしあたってステアリングに取り付けてみました。静かなガレージで「カチカチ」と秒針が刻む音は、なかなか古臭くて雰囲気が良いです。

コメントする

デントリペア

投稿者: kimkim, カテゴリー: MINI COOPER

デルタで何回もお世話になっているデントリペアです。今回はミニでお願いしました。 譲り受けた時から左のフェンダーにドアパンチと思われる直径5㎝ほどの凹みがあり、いつかは直そうと思っていたのです。 年式のわりに綺麗な状態の車なので多少は気になります。 これが錆の浮いたような車であれば、凹みもその車の味として消化できるのですが・・・。 ということで、昨年にデルタのルーフのゆがみを修正依頼した時に下見をしていただいたので話は早く、施工日を決めて車を準備しておきます。 デルタの時にも書きましたが、この年代の車は大衆車といえども鉄板が厚く、修正にはある程度の時間を要します。

もちろん、トランクの袋状になっているところや、施工ツールの入らない部分は不可能ですが、ドアやフェンダー、内貼りなどの外せる部分でしたらほとんどの修正が可能です。凹みの大きさや程度にもよります。当たり前ですけど、塗膜が剥がれてしまったような傷や、凹んで穴が開いたような部分の修正はできません。 それはもう板金塗装のレベルですね。

さて、ワタクシの経営する別会社のほうで施工をしていただきました。これには目論見もあって、いずれ誰かにこの技術を習得してもらおうかと(笑) 講習料や熟練度の問題もありますが、入庫していただいた車のついで仕事として考えてもよいのではないかと・・・。世の中の車が全てハイブリッドカーだろうが電気自動車になろうが、金属素材がボディーに使われているうちならば、板金塗装だけはこの世からなくなりませんよね。そんなこともあり、自腹を切ってデモンストレーションの場を設けたわけです。

作業のほうはちょうど1時間。完璧な修復をしていただきました。 ちょうどラインステッカーの上ということもあり、板金塗装をすればステッカーの貼り直しという余計な費用まで掛かります。 まぁ、調色の手間や色違いだのパテ痩せのリスクなどを考えれば、2万円ほどで修正できれるのは安いものでしょう。

コメントする

さらばオペル

投稿者: kimkim, カテゴリー: E320, MINI COOPER, VOLVO, デルタ, 車ネタ

1997年からFR駆動で3000㏄という1993年型初代オメガワゴンにも乗り、二代目も1999年型のオメガワゴンB。 この車の良さは、なんと言っても荷室の広さ。その使い勝手の良さに嫁さんの足として長きにわたり活躍してくれました。ヤナセがオペルを取り扱うようにならなかったら、たぶん乗ることのなかった車でしょう。 このたび、重大なエンジントラブルに見舞われた感があり、思い切って廃車にすることとしました。 おそらくここまで荷室が広いキャラバンタイプの車は、しばらく出てこないでしょう。代わりにやってきたのがメルセデスの1997年型E320。年式的には二代目のコイツよりも古く、走行距離も伸びていますが「腐ってもベンツ」神話?は本当で、15年の歳月を感じさせない車です。まぁ、腐ってもいませんけど(笑)

 

さて、本当は別の車が納まるはずでしたが、しばらくガレージはこの3台体制です。厳密に言うとボルボは奥さんの足として残しましたから4台体制になりますね。いずれも10万キロを超えた市場価値はほとんどない車ばかり(苦笑) メルセデスは趣味車ではないのですが、あまりに塗装が綺麗なので露天駐車は気の毒で・・・。 今後もこうして世界中の車を乗り継いでいきたいと思います。 これでアメリカ車とフランス車が手元にあれば主要自動車大国制覇ですね(笑) シトロエンでも探しますか、、、。

 

コメント(2)

« 前のページ  次ページへ »

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。


合計

今日

昨日

 

2017年12月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031