趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


また青い奴だ!

投稿者: kimkim, カテゴリー: 156SW, F355, デルタ

ご無沙汰しております。
F355とデルタについては細かいことがいろいろとありましたが、まぁネタにするほどのことではありませんでした。

さて、昨年の暮れに奥さんが乗っていたアウディA4のミッションに不具合が見つかり、高額な修理費用が発生するということになり捨てました(笑) 代わりとなる車にはランチアテーマワゴンを探していたのですが、なかなか見つからず、タイミングよく現れたのが写真のアルファロメオ・スポーツワゴンでした。 それもノビテックのターボ付きコンプリートカーでございます。走行距離は68,000㎞と壊れ頃(笑)ではございましたが、数年乗ってみる価値はあるということで迎え入れることとなりました。 左ハンドルでマニュアルミッションという、今となっては古典的な車ですが、デルタで通勤をしていた経緯もある奥さんですから、なんの問題もありません! というか、無理やりそういうことにしました・・・。

ということで、狙ったわけではないのですが、我が家にはミニも含めて青いメタリックの車が3台となり、加えてフェラーリ・ランチア・アルファロメオという、イタリアの歴史においても関係の深いブランドの3種を揃えることとなりました。 本当はアルファロメオを迎えるなら1960年代のジュリア系を望んでいたのですが、さすがに日常使用とするには現実味がなく、エアコンもない車に奥さんを乗らせるわけにもいかないので、またの機会にします。

これでイタリアブランドも残すはフィアット・マセラティ・ランボルギーニです!(笑) フィアットは娘の免許取得に絡めてチンクエチェントが有力なので、策略する必要もないのですが、あとの2台が困難を極めそうです。 一度は乗ってみたい悪名高き80~90年代のマセラティ、ギブリやシャマル、カリフや222など、妖艶とはあの車のことを言いますし、現行のモデルも非常に魅力的です。 ランボルギーニは、資金的にも易々と手が出せる車ではないので、一番最後に余裕があれば・・・ということでwww 全部処分して1台にすれば、もっと極上の1台も手に入るのでしょうが、ワタクシはそういう楽しみ方ではないのであります。 気力の続く限り足し算で(笑)

これに親父のメルセデスと、ワタクシの日常車としてアウディA6もおりますが、ここには加えません。

コメントする

7年越しの大黒

投稿者: kimkim, カテゴリー: F355, デルタ

2016年の正月は、本当に穏やかな日が続きました。3日にはゴルフへ出向いたのですが、着込んだアンダーウエアを2枚も脱いで汗ばむほど。 高速道路にも融雪剤の散布もないので、久しぶりに大黒オフへでも行こうかという気分にもなり、行ってまいりました。振り返ると2009年に参加するはずでしたが、諸々の事情でドタキャンをし、直後にクラッチレリーズからのオイル漏れで修理をする羽目になってしまい、正月からガレージでゴソゴソとやっておりました。そんな経緯もあり、7年ぶりの参加です。

デルタオーナーさんの集まりでしたが、いまだ大黒へは355で行ったことがなかったので今回は355で行くことにしました。 渋滞もなく順調に到着し、常連さんと申しましょうか、古くからの知り合いも多いのですが、初めてお会いする方も多かったです。 この十数年はデルタのイベントにも参加することもなく、サーキットイベントも自粛、加えて2年前に355を購入して、浮かれて走り回っているわけですから当たり前です。 もうデルタ=kimkimというスタイルでもないですし、ワタクシも他の車との生活も楽しみたい年頃でございます(笑) もちろん、その軸にはデルタがあります。そこは変わらないです。

さて、ストラトスをはじめ037というスペチアーレ系のランチアも並ぶ一角に車を止め、まずは新年の挨拶を(笑) これでS4が並んでいれば完璧だったのですが。(のちにS4のオーナーさんはデルタで来ました) 近くにはジュリア系の古いアルファの集まりですとか、ボルボの集まり、渋いポルシェなど、ワタクシ的にはモーターショーなんかよりずっと楽しいわけですw やっぱり車はファッションなので、飾られているよりも、オーナーさんの手によって生活の一部になっている車のほうが楽しいです。

遠くのほうにはさらにスーパーな方たちもおりましたが、どうして近くに止めないのか? その最大の理由はおそらくコレです。 歩行者横断場所が高くなっていて、ワタクシの355でもガリッとやりそうな気がします。458あたりは車高が上げられるスイッチがあったりするので問題はないのでしょうけど、カウンタックやF40時代の車には厳しいです。そんなことで遠くのほうに止めるのでしょうね、、、。

デルタが集まると何かが起こる・・・これは今も昔も変わらずでして、今回も道中に冷却系のトラブルに見舞われ、ローダーで運ばれてきた車両がありました(笑) そんなオーナーに笑って「イイね!」ボタンを押せるのもデルタオーナーならでは。 イベントを盛り上げてくれます(笑) 本当はもう少し早く帰るつもりでしたが、車談義に花も咲き、帰りは夕暮れ時になってしまいました。 来年はデルタで参加します(^^)

 

 

 

 

コメントする

やっぱりそうなったか・・・

投稿者: kimkim, カテゴリー: F355

この車をサラッと下駄代わりにできるほど簡単に手に入れたわけではないですし、デルタではマルティニグッズに凝ってしまったように、フェラーリにはフェラーリのオフィシャルなモノがワンサカとある。 これがまたアレもコレも欲しいのですが、いかんせん馬のマークが入っただけで価格が倍くらいになる(笑) それでも軽井沢のフェラーリショップや、本国のストアから買い集め、今では頭の先から爪先まで馬入りのウエアや小物に至るまで、かなりの数になってきました。

本当はさりげなく普通のスタイルで乗り回したかったのですが、どうしてもこうなっちゃいますねw もう凝りだしちゃいますと全てのモノに馬マークが入っていないとダメみたいな感じになってきて、先日もクラブの会員証やレシートを入れておくスケドーニのパスポートケースみたいなのと、ちょっとしたドアミラー型の手鏡も入手。イベントに持って行く折りたたみ椅子にも凝ってみたくなって、フェラーリ社の製品ではないけれど、デンマーク製のレザーのハンティングチェアなんかも手に入れた。 なにをするにもいちいち「この車に合うのか?」ということを気にしてしまう。  完全に乗らされちゃっていてダメですね。 自分のモノにできていない感がアリアリです。 まぁ、2年程度でこの車が似合うオーナーになれるわけがないし、こうなることはうすうす感じていた。

いずれ納まるガレージのタイルのひとコマに入れようと50周年記念のタイルも手に入れ、リストランテキャバリーノのテーブルクロスや皿なども集めたり、いったい何をどこまでやりたいんだか自分でもよくわからなくなってきました。  いずれにしても、ワタクシの中ではフェラーリはひとつのブランドで、絶対的なモノであり今後も買い集めてゆくのでしょう、、、。 ただし、あんまり派手にバックプリントとか入っているやつはNG。

コメントする

富士トリコローレ2015

投稿者: kimkim, カテゴリー: F355, デルタ, 車ネタ

昨年は台風の影響もあり参加を見送りましたが、今年は快晴の中での開催となりました。 デルタで行こうか355で行こうか迷いましたが、デルタのほうは数か所の手直しがしていなかったので、今回も355での参加となりました。ちなみに2011年はデルタで参加しております。 会場は圧倒的な数でアルファロメオとFIAT勢が占め、デルタは2台、フェラーリは308GTBと328GTS、355が2台という寂しさでありました。 でも、今回の目的は古いアルファロメオを観ることでしたので、そちらのほうは満足できるイベントとなりました。

やはりランチア・フェラーリと所有をしたならば、アルファロメオを外すわけにはいきません。 この3社は遠い昔からいろいろな面で繋がっていますし、アルファロメオを乗らずしてイタリア車を語るのもいかがなものかと(苦笑) 当然ですが、次に増車を考えている趣味車はアルファロメオです。 ジュリアスーパーの1966年あたりがエイジカーでもありますので、狙っております。 そんな思いも込めて、今回は古いアルファロメオ乗りのオーナーさんとお話をすることができて楽しかったです。来年はデルタと355の2を台持ち込みたいですね(笑)

コメントする

晩秋

投稿者: kimkim, カテゴリー: F355

まぁ更新頻度が極端に少なくなっております。 いろいろなネタは満載なのですが、とりあえずまだデルタは冬眠中です(笑) 「早く直さなきゃ!」から「いつでも直せるじゃん」というスタンスになりつつありまして、目下、保存状態になりつつあります。車は走ってナンボですが、いかんせんF355のほうに費用とモチベーションを注いでおります。

さて、あちこちで初雪の便りも多くなってきた晩秋のこの時期こそ、車が手元にないほど寂しいことはありません。 人間様が快適に移動するためにあるエアコンもカーオーディオもつけることなく、窓を開けてひたすら車を走らせる。 「この季節は車のために走らなければならない・・・」くらいの意気込みでございます(笑) 週末が雨だなんて予報ですと、遠足を楽しみにしていた園児のモチベーションが下がるがごとく、チーンな状態になります。

 

落ち葉の絨毯に車を止め、タバコを一服。
目的はそれだけで良いのであります。

コメントする

1年が経ちました。

投稿者: kimkim, カテゴリー: F355

スーパーカーブームで512BBに憧れた少年が、48歳にして手に入れたフェラーリ。(写真は2013年の富士トリコローレイベントにて)

私は30代の時に512BBの運転席に座ったことがある。1年前にF355を手に入れて、はじめて座って感じたのは同じ懐かしさだった。 きっと40年ほど前の365BBや512BBの面影を残した運転席からのクラシカルな風景が、なんとも言えない演出をしてくれたのだろう。 今だから正直に話しますが、フェラーリには試乗をしたことが無かった。 まぁ、おいそれと試乗できるような車じゃないし、チャンスが無かったということ だ。 だから、全ての想像は妄想でしかなく「想像と現実とがあまりにもかけ離れているフェラーリを認めたくない」という気持ちはあった。 最新型ならまだ しも、20年前の車であるからして「妄想を現実にしてガッカリする」という博打要素は満載でした(笑)

「スーパー」と言うにはおよそ似合わないくらい乗用化された車ではあるけれど、少年が想像していた感覚に間違いはなかった。 何年経っても撫でまわしたくなるであろうボディのデザインや「背中でエンジンを感じる・・・」というニュアンス。「多分こんな感じなんだろう?」と思っていたところは、ほとんど期待を裏切らなかった。 ただ、20年の歳月は、間違いなくスペックというものを”スーパー”なものでは無くしている。でも、少年にとってスーパーじゃなくても”特別なモノ”であることに違いはなかった。

「大人になったらガレージでフェラーリを眺めながら一杯やるんだ!」なんて思っていたのかは、あとから取って付けた記憶のデジャブかもしれないけれど、掴みたかった夢は叶った。夢は手に入れようと思った時から目的になり、あっという間に現実となってしまった。ただ、あまりにも夢であった期間が長すぎて、ちょっと拍子抜けした感はある。

フェラーリという車はいつも私の軸に存在するものであった。いままで所有はしなくとも、それを中心に、いや基準に車趣味を楽しんでいた。 妄想と現実の狭間で遊ぶ楽しさは、確信なのか夢なのか「いつかは絶対に乗ってやる!」そんな風にデルタをはじめとする他の車で埋めて楽しんでいたような気がする。ただ、基準としていた車が、いつまでも妄想の世界だけというのは寂しい。だから、車に関していえば 「こうでなければいけない・・・。」という観念はない。 フェラーリじゃなければダメなのではなく、ランチア以外に興味がないわけでもない。 マセラッティにもアルファロメオにもポルシェにも、ジャガーにだってアストンマーティンにだって乗りたい。 モータージャーナリストになるつもりもないけれど「乗らずして語るべからず」なんである。 そんな20数年だったのでしょう、、、。

とにかく乗って確かめる。 ヒーターすら装備しないシトロエン2CVから、3日しか乗らなかったルノー5、クラウンやレガシー、いま所有している車たちに至るまで20数台。残念ながら、乗った車にダメな車はない。 そもそも車にダメなんてものはないはずで、数ある車中からダメな理由を雑誌を読んで無理やり見つけて諦めているわけです。 そういう意味ではこうやって複数の車に乗れている自分は恵まれている。 燃費だとか家族だとか、荷物がどれくらい積めるだとか、乗り心地が良いだとか、常用(乗用)レベルと、感覚で好きになる車は違う。

「嫌いだ」という言葉は使わない。 負けたか諦めた人間が発する言葉だと思っている。 だいたいそれを好きな人間に対して主張するのは失礼な言い方で、ラーメンに例えるなら味噌か醤油か豚骨か?細麺か太麺かちぢれ麺かストレートか?コッテリ系かアッサリ系か? それを組み合わせる好みは人それぞれだと思う。 他人が美味いというラーメンを食べたときに、自分の好みじゃなかった味を「不味い!」というのだろうか? せめて「俺の口には合わない」程度に留めるべきだろう。

ラーメンの好み以上の無限の組み合わせがある自動車。自分の好みを語るのは押し付けになりやすい(苦笑) 何度も同じことを書きますが、イタリアだろうがドイツだろうが、英国やフランスだろうと、心のどこかに「みんな車好き」というくくりで軸を持っていないと言葉の節々に「嫌い」という言葉が見え隠れする。 まぁ、決まったメーカーや車種を贔屓にすることも自由ですから、主張は大いに結構ですし、同じものを好きな人間だけでワイワイやるのは楽しいです。 でも、比べて楽しめるのは贅沢なことなんです。LIKEとLOVEの使い分けが楽しい世界じゃないですか!

こうしてBLOGなんかに掲載する写真の一コマは、瞬間的な場面でしかない。 1年があっという間に過ぎ去ってしまった。 また車もワタクシもひとつ歳を重ねた。 次はどの国のどんなタイプの車に乗ってやろうか楽しみです。とにかく今年か来年早々にはデルタを復活させないと、かなり趣向が偏ってきましたよ(笑) 自分でそう感じてます、、、。

追伸

ホイールをノーマルに戻しました。イケイケ風なスピードラインのマグネシウムホイールはガレージのオブジェになっています。 ミシュランのタイヤにして、古き良き時代の雰囲気になった丸いサイドウォールがお気に入りです(^^)

コメントする

12年の歳月

投稿者: kimkim, カテゴリー: F355

大変ご無沙汰をしておりました( ゚Д゚)
相変わらずF355生活を満喫しております。 昨年の9月に手元にやってきて、早いもので1年が経ちました。 走行距離もボチボチ7000㎞になるところでして、いろいろと洗礼も受けましたが、なんとかやっております。

さて、今年一番のネタが入りましたので書き留めておきます。知人が430スクーデリアを購入しました! ロッソスクーデリアも眩しい2008年の極上モノです。 納車の時に少しばかり運転させてもらいましたが、まずは近代的なコックピットに乗り込んでドアを閉めた瞬間「おっ! すごいボディー剛性だ!」って感じます。 それと、シートのホールドが絶品です。パドルシフトの操作をしたことがある方なら、拍子抜けするほど普通に走らせることができます。 ただし、普通の430を軽量化し、エンジンパワーも510psとチューンされた車は、並大抵の加速ではなく、3速で免許取り消し領域へ軽々と達します。 まぁ、走り出して感じるのは、やはりボディー剛性の高さ! 惚れ惚れします。

スペシャルなフェラーリにはじめて乗りましたが、さすがはサーキットを楽しむために生まれた車です。根本的に車が違います! オーナーもコメントしておりましたが、カーボンブレーキローターが温まらないと、0-100km/h加速が3.6秒以下という加速をする車としては、ちょっと怖いところはあります。何はともあれ、フェラーリの納車にはフェラーリで行くべきだろうということで、ガレージから355を引っ張り出して行きました(笑) 納車の儀が終わって2台で高速へドライブに出かけましたが、加速の凄いこと!( ゚Д゚) あっという間に見えなくなるほどの違いw

ワタクシの355は1996年式。12年という歳月は、これほどまでに車を進化させ、別モノにしてしまうのですね、、、。 ということは、その6年後に登場した458スペチアーレはいったいどんな車なんだ?と、思うわけです。 モンテゼーモロ時代が始まって造られ、もはやクラシコなF355と458スペチアーレの間には、20年という歳月が流れてしまっています。 ちょっとだけそんな歴史を味わえた貴重な日でした。

コメントする

何も足さない 何も引かない。

投稿者: kimkim, カテゴリー: F355, 未分類

デルタを購入した1992年あたりに、テレビCMでよく見かけたシングルモルトウイスキー山崎の名コピーです。 人間は年月とともに老います。 「老い」という言葉が「熟成」とイコールであるならば、けして年を取ることが悪くもないでしょう。 人間の熟成も、12年・18年・25年と、歳を重ねるごとに味わいを増すウイスキーのようなものです。 だから年月には不思議な力があるんです。

車はモデルチェンジとともに進化します。 新しい=高性能=快適=速いということになるわけですが、車を単なる工業製品という目で見ると、その旬はせいぜい5年です。 モデルチェンジとともに廃れる車がどれほど多いことか・・・。 これまでワタクシはシャカリキになって車を弄り倒して、老いを補ってきたつもりでいましたが、これからはちょっと違った付き合い方をしていこうと思うとります。 何も足さず、何も引かず、車を熟成させるわけです。  でも、22年と18年物の愛すべき2台をガレージで眠らすわけじゃないですよ!(笑)

例のごとく、先日は八ヶ岳方面へ行ってきました。 4ヵ月で4000㎞を乗りました。いまだ付き合いの浅いデート感覚ですね! なんにも要らない贅沢な時間でした。

 

コメントする

近況いろいろ HUBLOT編

投稿者: kimkim, カテゴリー: F355

あんまり腕時計には興味のないタイプの人間でしたが、F355に乗るようになってから、どうしても気になる腕時計がありました。 ウブロのビックバン・フェラーリです。 ロレックスやオーデマピゲの輝き系の時計は2本ほど持っているのですが、ウブロ・ビックバンシリーズの中でも、オールブラックというモデルがどうしても気になる・・・。 世界限定1000本ということで、発売から結構な月日も経っているので、在庫確認がてら、あちこちのショップに問い合わせをしてみました。 案の定、北は北海道、南は九州までの数件に問い合わせをしてみましたが在庫が無し! 諦めかけていたところ、お洒落な時計を何本も所有する友人から紹介してもらったショップに1本だけありました。

価格は新車のFIAT500と同じ。 もちろん、そんな価格の腕時計を買うのも初めて。店員さんの「残り1本です!」という強烈な殺し文句に、ふたつ返事で決めていましたw 「限定」と「最後の・・・」という言葉には弱いのです(笑) 直接、店舗に出向くこともせず、電話でのやり取りと手続きで済ませ、翌日には手元に届いていました。 身の回りのものが、どんどん馬マークになっています(^^) 写真は自主広告

コメントする

近況いろいろ F355編

投稿者: kimkim, カテゴリー: F355

ちょうど一か月前の出来事を総集編で綴ります。まずはF355編
日本平桜ミーティング翌週の4月27日。 ちょっとドライブに行こうと走らせていると、突然、高速の乗り口手前で嫌な振動とともにエンジンが不調に! スローダウンの警告灯も点灯して、そのまま路肩に止めるとエンジンがストール(泣) 再び始動はしたものの、とんでもなく調子が悪い。 積載車を呼ぼうかと思ったのですが、普通の積載車じゃこの車は載せられない、、、。 とりあえず走れそうなのでハザードを出しながら、ばらつくエンジンでなんとか自宅のガレージにたどり着く。 すぐにお世話になっている奈良のナカムラエンジニアリングさんに電話をして、症状を説明。 しばらくやり取りをしていただいて、確認できることは全部やってみたものの、症状は改善せず。 連休明けに引き取っていただいて、原因の特定と修理をお願いすることにしました。

とにかく、頭をよぎるのは「エンジンだったらどうしよう・・・」という不安ばかり(苦笑) 連休が明けるまで、この心理状態が続くのかと思うと憂鬱でしたが、翌日に電話を頂き、連休前に引き取っていただけるとのこと。 このあたりの対応の速さは「エンジンオーバーホール300万円なんじゃないか?」という不安を抱える身としては、大変ありがたいことでした。とにかく一刻も早く白か黒かハッキリしたい心境なのです(笑)  そんなこともあり、先週のイベントの主催者でもあるビアルベーロさんから、テスト用のIGコイルとO2センサーがあるので、交換して試してみたら? というありがたいお話を頂いたので、お言葉に甘えてお借りしてみましたが結果は改善せず。 結果はどうあれ、この場をお借りしてご厚意には深く感謝申し上げます。

月も変わった5月1日。 いつものドライバーさんが近所の母校前まで来てくださって、無事に積み込みが完了。 またまた奈良の地へ旅立っていきました。

そして、1週間後の5月7日、16:07分。
ナカムラエンジニアリングさんからの着信にビビる( ゚Д゚)
久しぶりに心臓がバクバクする思いで電話に出る。

「あのですね・・・木村さんのお車、原因がわかりました」

私「つ・・・ついに審判が下るのか(T_T)」

「結論から申しますと、エンジンは無事でした」

それを聞いた瞬間、本当に体から力が抜けていくのを感じた。ワタクシの気持ちを察して、一刻も早く知らせてくれるため社長自ら電話をくださりました。 ただし、エンジンマネジメントのメインハーネスに劣化が見られ、今回の症状はそれが原因。全部交換するとなるとエンジンを降ろして軽く70万コース。 先月、結構な修理費用を支払ったばかりなので懐も寂しい。今回は劣化していると思われる部分だけを作り直してもらい、次回のタイミングベルト交換あたりまで我慢しようという作戦で話をしました。 このへんの対応も「必ずその方法じゃなければダメだ!」ではなくて、松竹梅みたいな修理内容を提案してくださるので助かります。 それでもなんやかんやで30万くらいはかかります。 腹をくくって買った車だけど、やっぱり現実は厳しいものです(>_<) いずれにしてもエンジンオーバーホール300万円の危機はなくなりました。

それからちょうど1ヵ月後の昨日、あの時のエンジンのバラつきが嘘のように快調になった355が、またまたピッカピカになって戻ってきました。 詳しい整備内容は、ナカムラエンジニアリングさんのWebで紹介されていますのでご参照ください。 ここでは写真を数枚だけ掲載して、ご報告とさせていただきます。

 

コメントする

« 前のページ  次ページへ »

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。


合計

今日

昨日

 

2017年10月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031