趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


出番ないね~

投稿者: kimkim, カテゴリー: MINI COOPER, ガレージ, デルタ, 車ネタ

週末といえば雨。 なのでなかなか出番の少ないデルタです。べつに雨天未使用車を目指しているわけではなくて、エアコンも無いしウインドウが曇るから。あと、寒い日の洗車もめんどうになってきたので。考えてみれば、こういう乗らない時に足周りのオーバーホールとかすればいいんですよね。 いつも壊れたりダメになってからバタバタする・・・。まぁ、資金的にもそこまで余裕が無いか(笑) というより、予算を立てて車を維持していこうなんて考えると無駄ばかりが際立って、道楽できなくなっちゃいますね。

さて、これまたご無沙汰していた3298が復活しました。エンジンマウントの破損かと思っていましたが、蓋を開けてみれば原因はトルクロッドの取り付けボ ルトが折れてしまい、エンジンブロック側に残ってしまったという事態でした。どうりで前後にエンジンが揺れたわけです(苦笑) この修理に3日ほどを費や し、バラしたついでにいろいろ不具合が発見され、部品を手配して・・・そんなこんなでやっと修理が完了です。 結局、エンジンマウントもへたっていたので取替えをしましたけど。

最近は3298を頭からガレージに入れてます。そうしないと乗り出すときに排気から出る煤をデルタに向ってぶちまけるから・・・。帰宅するとこんな感じでご対面です。春はもうそこに来てますね。そろそろファイナルギア交換にでも出すかな。

コメントする

クーラントブースター

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ, 車ネタ

添加剤の類はプラシーボ効果(思い込み)による「そんな気がする」程度の効能しかないものが多かったので、最近はほとんど使用していませんでした。まぁ、何ごとも起きないことが効果なのかもしれませんけど・・・。そんな目に見えないモノが多いのですが、今回のクーラントブースターはなかなか良さそうなので1本入れてみました。 写真は片方は釘に普通の水、もう片方は水とクーラントブースターを入れて5日ほど経過したもの。 まぁ、一般走行で冷却水に水だけ入れる方はいないと思いますが、違いは歴然。

望まずとも(笑)しょっちゅう抜いたり入れたりしているわがデルタでの効果はこれまた微妙なところですが、冷却水の防錆・防食・消泡性能を復活させるというもの。効能のとおりならばキャビテーションという怖い症状にも効果的でしょう。信じる者は救われるってやつに期待してみましょう! 「まだ効果もわからんのにそういうことを書くな!」って方は、どうかWako’sさんに電話して詳しく聞いてくださいw これを入れたらホースに穴が開いただの、効果が感じられないだの、そっちへのプラシーボなお考えに反論するネタも知識もございません。観て良いと思ったから入れただけです。添加するならあくまで自己責任で。 いちどクーラントを交換したりして、ラジエター内部を洗ってからのご使用をお勧めします。錆取り効果は全くないので「入れたけど錆が出てきたぜ!」という方は、ワタクシと同じく今までずさんなメンテナンスをしていたと反省しましょう。

コメントする

スペアパーツというより

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ, 車ネタ

ガレージの飾りとしてキープです。日本仕様ウインカーですが、なかなか貴重なパーツとなったエボの純正フェンダー。カーボン製のフェンダーに交換されたオーナーさんから譲っていただきました。 そういえば外された状態で手に取ってみたのは初めてかもしれません。そんなに重たくないです・・・。 ボンネットもスペアで1枚欲しいところですし、リアゲートも・・・。 ボチボチ集めておきましょう(^_^; 純正パーツが入手困難になってきたこともあり、基本的にデルタのパーツは捨てるところがないです。

 

 

 

 

コメントする

エンジンマウント交換

投稿者: kimkim, カテゴリー: MINI COOPER, 車ネタ

自分でなんとか交換できるでしょ?とたかをくくっていましたが、ヘインズのマニュアルを見ながら「ラジエターを外し・・・○×▲」という説明を読んだ時点で丸投げすることに決めました(笑) 技術的にムリなんじゃなくて、時間と労力が費やせないから・・・ほとんど負け惜しみですけど(苦笑) もちろん自分で作業したことは無いですが、おそらくデルタのタイミングベルト交換より大変な作業でしょう。 で、やっぱり大ごとになってます。良かったですよ、自分でやり始めないで。 せめてもの救いはパーツが数千円だってこと。今回は折れたところだけではなく、全部交換しておきます。

 

コメントする

ガレージアイテム

投稿者: kimkim, カテゴリー: ガレージ, デルタ, 車ネタ

完全なクローズドスペースに向けて、見積りと図面製作を依頼してます。ガレージの中を水洗いしたいですし、シャッターを多用する方法で検討してます。エアコンも装備するつもりですが、やっぱり春や秋には心地よい自然の風も通したいですしね。 まぁ、これからもとにかく過保護なくらいデルタを可愛がってやるつもりです。

ということで、相変わらず将来に向けてガレージの装飾品をコツコツと集めてます。先日もル・ガラージュさんへ立ち寄った際に購入したオリオフィアットのオイル缶と、どういうイベントだか良くわからないけどランチアエンブレムが入っていたので購入した看板(苦笑) たぶん1985年に亡くなった037ワークスドライバーのアッティリオ・ベッテガの追悼イベントみたいなものでしょうか? 何十回と足を運んでいますが、ここへ来ると、ついつい何かを買わずにいられない・・・。イタ雑さんとセットで必ず回ります。

さて、ガレージ装飾ばかりではなく主役のほうにもボチボチ手を入れています。今年は予防整備ということで、ダメになっていなくてもセンサー類を交換していきます。水温センサーカムタイミングセンサー、イグナイタなどなど・・・。あんまり乗らなくても昨年から少しずつ手は入れています。 ワタクシのデルタはEVOIですが、点火系はEVOIIに交換しているのでパーツ手配の際は参考にしないでください。マレリーを使いたいところですが、なかなか入手できないのでドイツ製で今回は我慢してやりました(笑)

コメント(2)

ご無沙汰です

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ, 車ネタ

本当に久しぶりにデルタに乗りました。さて、いったいいつから乗っていないんだ?と、調べてみたら、レプリカコンテスト以来みたいです。 2か月ちょっとですね・・・。もう税金や車検のコストパフォーマンスとか考えるつもりもありませんし、たとえ3ヵ月に一度乗るかどうかでも、あるだけでも十分な車なので・・・。 ただ、やっぱり乗らないと最初は調子悪いです。 しばらく走ると良いんですがね。そして、iPhone+Bluetoothの簡易的なオーディオは、じゅうぶん機能を果たしてくれることもわかりました。でも、けっきょくは車からの異音とかを注意して聴く妨げになるので、すぐに止めちゃいましたけど(笑) 前にもそう思ったからオーディオを取っ払ったのに、10年も経つと忘れちゃうんですね。

ということで、くすぶったエンジンに喝を入れてぶん回してやりました。最初は黒煙がドバっと出てましたけど、帰るころにはいい塩梅。 気温が低いのでちょっとオーバーブースト。久しぶりのブースト1.4bar・・・暴力的というか怖い(笑)  帰り道に会社の水槽の水替えをしていなかったことを思い出して立ち寄り、二階からデルタを眺める。 う~ん、やっぱりこの四角い車がイイ(笑) ただ、やっぱり2速のトロさはタービンじゃ絶対に解決しないと確信しました。これだけ久しぶりに乗ると、あれやこれや良くなっただろうという思い込みや、主観的な感覚がリセットされますね。 春になったらファイナル替えよう、、、。

コメントする

やっぱりね

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ, 車ネタ

娘の受験合格祈願に制作していただいた鉛筆彫刻のことを書きましたが、無事に志望校への合格となりました!ご利益あったかな? で、やっぱりこういうのも作ってもらいたくなります(苦笑) ここのところ新聞やテレビで取材殺到でお忙しいと思いましたが制作依頼をしてみました。 1本で全ての文字をお願いするには、あまりにも長い名前の車(笑) 「さすがにエボルツオーネまではまぁいいか・・・。」ということで、4本に分けて依頼をしました。 色鉛筆でトリコロールカラーとか、いろいろ考えましたけど、まずはオーソドックスな鉛筆で。

 

 

完成しましたとメールでご連絡をいただきました。 前回にも書きましたが、アルファベットのA~Zを1本の鉛筆で仕上げる匠の技は完成して、ギネスブックに申請中だとか、、、。 この写真はその制作途中で見せていただいた時のものです。非常に繊細なので、手にとって観るなどということは怖くてできませんでした。 (写真はすべて山崎利幸さん撮影)

 

 

コメントする

とりあえず設置

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ, 車ネタ

オーディオを取り払ってしまったデルタで、もう一度音楽を聴きながらドライブできるようにしようと、スピーカーを灰皿に入れた話は書きましたが、その後です。 「そんなもんオーディオデッキを戻せばいいじゃない?」と思われるでしょうが、写真の追加メーターパネルのところに本来は入るので・・・。それにオーディオの配線類は根こそぎ撤去してしまいましたので(笑)

ケーブル類やシガーライターなどからの配線がそのへんに見えているというスタイルが許せない(自分の車だけです)性分なので、あれこれ考えました。 あまり遠出はしませんがiPhoneの充電もしたいですし、かといってシガーライターからコードがビロロロ~ンと垂れ下がっているのはいけません。 スピーカーへの電源供給はUSB(5V)である必要があるので、カーショップなどで売っている車でUSBの電源供給ができるコネクタを配線の間に入れ込んで灰皿の裏から結線して対応しました。 iPhoneやその他のUSBで充電をする機器も5Vであることを知らず、トランスミッターを直接12V電源に結線してしまい、ひとつダメにしましたので(笑)

さて、iPhoneの収納方法です。 助手席にあるナビパネルに納めたいところですが、しょっちゅう操作をするはずですから手が届きません。いろいろ方法は考えましたが、とりあえず市販のシガーライターに差し込むタイプにする方法を選びました。 充電もできますし、使わないときは外しておけばいいので・・・。 でも、これはあくまで一時的な方法です。

コメントする

FIAMM

投稿者: kimkim, カテゴリー: ガレージ, デルタ, 車ネタ

久しぶりに看板作成をプロトタイプさんに依頼しました。 以前から欲しかったフィアムの3色バージョンです。 フィアムのバッテリーは使ったことが無いですけど(笑) 800×700という大きなサイズですので貼るのが大変そうです。

コメントする

ファイナルギア

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ, 車ネタ

またの名をファイナルレシオ。最終減速比のことでございます。 いまさらですが、どういうことかと言いますと・・・。

数字が小さいのであれば最高速重視。 (ファイナルが高い)
数字が大きいのであれば加速重視。 (ファイナルが低い)

デルタオーナーさんなら、スタートのトロさに不満を抱えている方が多いと思うのですが、正直なところ「こんなものだ・・・」と慣れてしまっているの でしょう。 17インチのホイールなんぞ履いてると、余計にモタモタ感が増します。 ショートサーキットなんかを走ると、その不満感は絶頂に達しますよね (笑) 「俺はそんなことないぜ!」と、やせ我慢と意地を張らずにとっとと交換をしたいところだったのですが、市販のものですと最高速での巡航が犠牲にな りすぎます。 自走での移動が多かったですし、5速120kmで4500回転とかの巡航じゃ車内がうるさくて難聴になっちまいます(苦笑) その結果、夏 場なんかだとオイルの温度が上昇してしまいます。 まぁ、それは物理的に解決できるでしょうけど。

デルタは3.111に対してアルファロメオ155Q4のファイナルギアは3.353。ちょっとだけローギアードなわけです。155Q4のカタログスペック上は最高速度もハッタリ込みで(笑)225km/hとなっているから、ほとんど犠牲にならない。

ちょうど廃車になる155Q4が出たので部品を取り置きしてもらいました。デルタは加速感とか最高速だけでは語れない面白さがありますが、どちらかというと加速感を楽しむ車です。

今すぐ入庫はさせられないですけど、とりあえず今年の計画メニューになりました。

コメントする

« 前ページへ« 前のページ  次のページ »次ページへ »

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。


合計

今日

昨日

 

2017年10月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031