趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


コソ練

投稿者: kimkim, カテゴリー: サーキット・走行会

PCCA(ポルシェ・カレラカップ・アジアシーズ2006)に参戦中の澤圭太選手を講師に招き、秋の色深く、紅葉も真っ盛りの伊那サーキットを攻略すべくコソ練は開催された。
参加人数は11人ということもあり、全ての車に同乗走行をしていただけるという贅沢な企画だ! もちろん、ワシのデルタにも乗っていただいた。まぁ、その話は後で書くことにして、某常勝デルタをドライブした澤選手は、47秒台中盤をあっさりマーク! 47秒台で走るデルタをはじめて見た。
見た目にはデルタカップでガンガン走り回る猛者たちのほうが速そうに見えるのだが、昼食後に机上講義で話していた通り、理に適った走り方というか、プロの走り方はやっぱり違う。次々と車を乗り換え、オーナーより速いタイムで走ってしまう。まぁ、あたりまえといえばそれまでだが、先日のビアジオンしかり、車の特性を見極めることの早さには脱帽だ。
で、ワシのデルタをドライブした澤選手は、ファイナルも変更していない我がデルタを、全て2速で走らせて50秒545である。すなわち、シフトチェンジ無しのブレーキ&アクセルワークだけでこのタイムで走れるのである。これには驚いた。後で聞いた話だが、シフトチェンジが思いのほかしにくいとのことであった。ミッションオイル汚れてたかな?(^ ^; まぁ、とにかくワシの走りがいかに無駄が多いのかを思い知らされた。
降りだした雨で路面が濡れだしたこともあり、3周でタイムアタックは終了したが、同乗したワシの体重80kgと、ウエットな路面でなければ、間違いなく49秒台で走らせたことだろう。その後の走行は、いろいろ考えながら走った挙句、ベストタイムを更新することはできなかった。ゴルフ当日にアドバイスを受けて悩んでしまったときと同じね(^ ^; でも、本当に有意義なレッスンでした。ちなみにこの日のワシのベストタイムは午前中の50秒885です。このへんがどうやら壁のようだ(^ ^;

コメント(2)

コソ練

投稿者: kimkim, カテゴリー: サーキット・走行会

とまぁ、ここで書いた時点で、コソ練では無いのだが(^ ^;
11月2日(木)に伊那サーキットにて開催します。
当日は澤 圭太選手を教官に招き伊那サーキットで練習会をします。会費は男性1万6千円、女性が8千円です。
サーキットに朝8時集合、当日に誓約書に署名をしていただきます。
現在、10名がエントリー! 残り10人くらい急募です。朝から夕方まで、タイヤを使い切るくらい走ってください(^ ^; ちなみにワシも参加予定。すでにエントリー済みの方は把握していますので、連絡は結構ですが、これを読んで、走ってみたいと思った方はメッセージくださいm(_ _)m

コメントする

DCS第2戦

投稿者: kimkim, カテゴリー: サーキット・走行会

7月16日に開催されるデルタカップシリーズ第2戦が富士スピードウェイ・ショートコースにて開催となります。エントリーを開始していますので、出走を予定されている方はお早めにお申し込みください。詳しくはデルタカップシリーズ公式ページにて

コメント(3)

微妙な天気

投稿者: kimkim, カテゴリー: サーキット・走行会

明後日の長野県の天気予報は雨の確率が50%と微妙です・・・。雨のイベントはイヤダァ~! タイヤ交換も憂鬱になるのでSタイヤのまま行って、ザンザン降りだったら潔くあきらめます。なんとか堪えてくれー!

コメント(2)

いよいよシーズン開幕。

投稿者: kimkim, カテゴリー: サーキット・走行会

年間4戦で行われるDCS(デルタカップシリーズ)が2週間後に開幕となる。今年はこれといってデルタの仕様に変更は無く、昨年の仕様のままで走ることとなりそうです。まぁ、今年に限ったことではなく、準備が何もできていない状態。ブログでも書き綴ってきましたが、本体のモディファイに手を加えるには、あまりにも出費が大きい部分なので(笑)ステッカーを貼りなおしたりして、見た目のモディファイばかりです。(^ ^;
開幕戦の伊那サーキット(旧ラリーキッズ伊那)はショートサーキットですが、走り込んでいくと、なかなか奥の深いもので、フルサーキットのような豪快さはありませんが、ロースピードレンジでドライビングテクニックを磨くことができるので、基本が掴みやすいです。開幕戦は64台ものエントリーで、すでにキャンセル待ち状態ですが、第2戦からは初参加の方も含めて大歓迎ですので、迷っている方はお問い合わせください。気軽に参加できるタイムアタック形式です。

コメントする

贅沢な遊び

投稿者: kimkim, カテゴリー: サーキット・走行会

いくら草レースとはいえ、サーキット走行は贅沢な遊びだ。ワシの場合は平均1.7万円程度のエントリーフィーと、交通費とガソリン代が2万円程度。遠方の場合は宿泊費がかかるから1.5万円くらいかな? さらに1シーズンにSタイヤは履き潰してしまうので10万円は固定費としてかかるのですよ。まぁ、自己満足のモディファイと、激しく劣化するオイル類の交換は参戦ごとになるから、安く見積もってもシーズンをフル参戦したらやっぱり最低10万円くらいは出費となる。ちなみにナンバーが無い車両だと自走はできないのでローダーのレンタル代金が加算されて大変なことになる。
何事も無い平凡な年であっても、デルタカップシリーズへ4戦フルエントリーをすると、固定費でざっと45万円程度の資金が必要になる。これに車検だの、あそこが壊れただのブレーキパッドが無くなったなんてことがどんどん加算されていくわけだ・・・(^ ^; おそらく年間で60万~70万くらいはかかってしまう計算じゃないですかね? あくまでワシの場合ですが、速さとか順位とか、そんなことだけを突き詰めてしまうと、アホらしくてやっていられない。賞金が出るわけじゃないし名誉もなんにもない。いや、あるかもしれないがワシはそんなのはどうでも良い。
結局、レースは競い合いだから、エントリーする方たちは自分と同じくらいのタイムの人を目標にしたり、ライバルにしたりして自分の腕が進歩したとか、去年のタイムより早くなったのは足回りのセッティングを変えたからだ!とか、車を作り上げていく楽しさがあるわけで、あまりにも生活の負担になったり、速いことに優劣をつけるのがレースなのに矛盾しているけど、速さだけを突き詰めていくとつまんないことになる。
デルタカップシリーズのいいところは、速い人もマイペースな人も楽しめるイベントであること。レギュレーションもあるけど、最低限の決まりごとくらいで、年に数回くらいはデルタに乗る方たちが集まってワイワイ楽しんでいるイベントかなぁ? クラス分けもしっかりしていて、運営に支障なんか無いと思うし・・・。まぁ、ワシなんかは自分が優勝できなくても、毎年エントリーが増えていって、イベントが盛り上がるほうが嬉しいと思っちゃうので、順位は二の次かなぁ~。いずれにしても、速さを競うことと、イベントとして楽しむことの絶妙なバランスが難しいところですよね。誰かが常勝しているなんてのもつまんないですしね。 とにかく、ピラミッドの頂点だけを見据えたようなイベントになってくると、つまんないの一言ですよ。全体のレベルが少しずつ上がっていくほうが楽しそうです。 今年もシーズン開幕まで3週間くらいになりました。お祭り色濃く、楽しんで参加してみます。

コメントする

マイナス10kgか・・・

投稿者: kimkim, カテゴリー: サーキット・走行会

さて、デルタの軽量化をどうしようか試行錯誤中なのであった。デルタカップシリーズというタイムアタック形式のレースのことなんですが、今年から最速グループに混じって走行しなければならなくなったのである~・・・。
本当はエアコンユニットを取り払うとか内装を剥ぎ取ってしまうとか、まだまだやれることはあるのだが、とりあえず今年は(も)見送りなのである。

いま装着しているのはオデッセイのPC-1200という大型タイプなんですが、こいつを3年前に使っていたPC-680という小型タイプに変更することで-10kgは可能になる。とりあえず初戦はこれで(^ ^;

コメントする

Euro Training 走行会

投稿者: kimkim, カテゴリー: サーキット・走行会


ブチさんである。日ごろお世話になっているB’sガレージの社長である。数年前にはAGFのCMで三國連太郎さんのドライブするポルシェ356の助手席に座って高笑いをしていたのである。(^ ^;
さて、そんなブチさんからお誘いを受けたのでこのブログでもエントリーをお誘いしちゃいます。ワシも極力参加する方向で調整中。走行会の詳細はこちらから。

コメントする

  

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。


合計

今日

昨日

 

2017年11月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930