趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


近況いろいろ アウディ編

投稿者: kimkim, カテゴリー: アウディA6

3年前に譲り受けたE320も、いよいよミッションに不安を抱えるようになりました。 もともと、以前乗っていたボルボからの繋ぎのつもりでチョイ乗り程度に考えていたのですが、腐ってもベンツという言葉は本当で、あっという間に3年が経っていました。 たいした修理も無かったのですが、いよいよ嫌な予感がしてきましたので乗り換えをすることにしました。 車はアウディと決めていました。もちろん新車ではなく中古のA6かA8のクワトロ。 ディーラーさんに出物が無いかとお願いをしていましたが、なかなか程度の良いタマも無く、結果的に紹介されたのが今年の2月に登録されたばかりの最新型A6クワトロ。 ちょうどF355が修理に旅立って行った日に「連休後までしばらく乗ってみてください」と、わずか走行1000㎞の車をポン!と置いていった。 いま思えば、F355の不具合ヵ所の特定もできないまま、モヤモヤとしていた心境も、このイベントのおかげで気が紛れた感じがします。

さて、1992年にデルタを新車で購入して以来、最新モデルに乗るのは22年ぶりの出来事。 これまで90年代の車をこよなく愛したカーライフから、いきなり最新型の車に乗るわけですから、そりゃぁもうカルチャーショックというか、驚きの数々です。なによりも嫁さんの乗っている3モデル前のA4とは、比べ物にならない高級感と車の出来の良さ。 ドアを閉めてちょっと走り出してわかるボディー剛性の高さ。室内はおろかヘッドライトまでLEDとなった最新の車ですから、20年間のギャップを感じないというほうが嘘になる。 2週間ほど借りて乗りましたが、文句のつけようがない出来の良さ。 「さっそくこの車をちょうだい!」と営業さんに話したところ、試乗車は勘弁してください・・・とのことだったので、中古車購入の話が新車購入に進展。 値引きも頑張ってくれたので、あっけなく契約と相成りました。

この後、試乗車を返却したら「納車までの間、これに乗ってみてください!」と、新車登録したてのTTにも乗れるというサプライズイベントもありました。2000㏄ターボ+4WD、エンジン出力211馬力。車両本体価格584万円。「ん? 似たようなスペックと価格だった車を持っているなぁ~」と思いましたが、このAudi-TTは、デルタを購入した22年前からすると、スペック以上の速さでございます。

とにかくA6と同じくボディー剛性が素晴らしい! 18インチに40タイヤを履いて、このホイールベースでこの乗り心地なら100点満点です。 コーナリングは恐ろし く安定していて、高速では速度を感じさせない安定性。実際に出したかどうかは置いといて200㎞/h巡航もできちゃいます(^^) ちなみにスタートダッ シュはF355よりもはるかに速いです!どちらかというと古い車を「味がある」と言って楽しむタイプの人間ですが、この車にはマイッタ!(>_<) Sトロニック呼ばれるセミオート マは、オーナーの運転癖を学習しているらしく、2日ほど乗り回していたらしっくりしてきました。 返却するときが名残惜しい車でした、、、。 こうなってくると兄貴分のR8に乗ってみたく なりますw

まぁ、そんなこんなで、新しい相棒とのカーライフも始まっています。

コメントする

  

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。


合計

今日

昨日

 

2017年12月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031