趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


また青い奴だ!

投稿者: kimkim, カテゴリー: 156SW, F355, デルタ


ご無沙汰しております。
F355とデルタについては細かいことがいろいろとありましたが、まぁネタにするほどのことではありませんでした。

さて、昨年の暮れに奥さんが乗っていたアウディA4のミッションに不具合が見つかり、高額な修理費用が発生するということになり捨てました(笑) 代わりとなる車にはランチアテーマワゴンを探していたのですが、なかなか見つからず、タイミングよく現れたのが写真のアルファロメオ・スポーツワゴンでした。 それもノビテックのターボ付きコンプリートカーでございます。走行距離は68,000㎞と壊れ頃(笑)ではございましたが、数年乗ってみる価値はあるということで迎え入れることとなりました。 左ハンドルでマニュアルミッションという、今となっては古典的な車ですが、デルタで通勤をしていた経緯もある奥さんですから、なんの問題もありません! というか、無理やりそういうことにしました・・・。

ということで、狙ったわけではないのですが、我が家にはミニも含めて青いメタリックの車が3台となり、加えてフェラーリ・ランチア・アルファロメオという、イタリアの歴史においても関係の深いブランドの3種を揃えることとなりました。 本当はアルファロメオを迎えるなら1960年代のジュリア系を望んでいたのですが、さすがに日常使用とするには現実味がなく、エアコンもない車に奥さんを乗らせるわけにもいかないので、またの機会にします。

これでイタリアブランドも残すはフィアット・マセラティ・ランボルギーニです!(笑) フィアットは娘の免許取得に絡めてチンクエチェントが有力なので、策略する必要もないのですが、あとの2台が困難を極めそうです。 一度は乗ってみたい悪名高き80~90年代のマセラティ、ギブリやシャマル、カリフや222など、妖艶とはあの車のことを言いますし、現行のモデルも非常に魅力的です。 ランボルギーニは、資金的にも易々と手が出せる車ではないので、一番最後に余裕があれば・・・ということでwww 全部処分して1台にすれば、もっと極上の1台も手に入るのでしょうが、ワタクシはそういう楽しみ方ではないのであります。 気力の続く限り足し算で(笑)

これに親父のメルセデスと、ワタクシの日常車としてアウディA6もおりますが、ここには加えません。

コメントする

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。


合計

今日

昨日

 

2016年3月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031