趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


古き良き時代

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

デルタが帰ってきて嬉しい。 心の底からそう思える。 このBLOGを読んでくださる皆さんは、きっと20年前からのワタクシのことをご存知な方も多いでしょうから、そのへんの気持ちは察してやってください。 兎にも角にも23年を共にする腐れ縁でございます。 嫁さんとは30年、免許を取得した時からの付き合いですから、これに勝るものはない。 その次がこの車(笑) 結婚して最初に飼っていた愛犬ティーナにはリアシートでう〇ちをされたし、生まれた娘もこの車で迎えに行った。 たとえどんなことがあろうとも手放すことはないだろう。 それほどのヒストリーが詰まりすぎているし、ナンバーを切ってでも保管をすると思います。 今は娘が握ったステアリングも、そそうをされたリアシートも存在しない車になってしまいましたが・・・。

まぁ、何かあるたびにこんなことを書くから「ああ、また始まったよ・・・」と思われるでしょう。 自分でも同じことを何度書いたのか思い出せない。 ただ、今までと全く違うのは、デルタが無くても楽しめる車が手元にあるということだ。 それも強烈なヤツ(笑) これまでも2CVや、今も所有しているミニなどの趣味車は存在していた。 デルタを預ければそいつらに乗って、アクセルをベタ踏みしなければ坂道を登らないような、車の原点らしき楽しさも味わえた。 年を重ねるごとに登場する新しい車は、デルタへの情熱を薄れさせるには十分だったから、スペックの低い車に乗ることは、デルタを際立たせる常套手段でもある。  それでもなんやかんやと理屈を並べて、デルタが修理から帰ってくれば「ああ、やっぱりデルタが最高!」となっていた。

ところが2年前、F-1マシンさながらの排気音を奏でる車がやってきた。 20年前に憧れて、欲しくて、でも到底手の届かない車だったから、それはもう舞い上がって走り回ったし、整備費用も注ぎ込んだ(笑) その間、デルタは難解なトラブルを抱えたままガレージの片隅で埃にまみれていた。 F355が手の届かない車と言うのは大袈裟かもしれない。事実、10年前にデルタを処分すれば黄色のF355を手に入れるチャンスはあった。 でも、割り切った気持ちで処分はできなかった。 どうしても2台を並べてみたかったし、これからもこの体制は変わらないだろう、、、。

ある意味デルタは殿堂入りである。 これだけ強烈な相棒がやってきても、なお気持ちに変わりはない。 1年半ぶりに乗ってみると、強化ブッシュやワークスシフトレバーで武装して、カチッとしてクイックだと思っていたシフトフィールはグニャグニャでストローク長いし、ガツンと効いたはずのブレーキは呆れるほど効かない(笑) レスポンス抜群だと思っていたエンジンフィールも、今では言うのも恥ずかしいくらい普通の車。 大枚はたいて強化したはずのボディーもイマイチ(笑) でも、そこそこ速いし、この車に乗るとヤル気が出る。 比べればダメなところだらけなのに、なぜか愛おしい。

ここ2日ほど、3年前に亡くなったイタリア自動車雑貨店の太田さんのコラムを読み返している。 買うモノもないのに、毎週のように通った20年前の当時のことが書き残されている。 ある日のコラムで、当時の記憶が鮮明によみがえる。到着間際に靖国通りの坂道で緊張した坂道発進、路上に止めたデルタの場所、向かいのラーメン屋と排気ガスが混ざった空気の臭い。そんな風景の中で太田さんが売却したデルタの写真を見せてもらった日のことを・・・。

今のほうが当時と比べて何もかも充実しているはずなのにグッとこみ上げてくるものがある。
もう性能云々を超えちゃいましたね、この車。

コメントする

デルタ用パーツ他

投稿者: kimkim, カテゴリー: FOR SALE

たぶん数年ぶりのFOR SALEの投稿です。

フルバケットシート用サイドステー
オデッセイ・ドライバッテリー用アタッチメント(多分925用)
アンカーボルト3本(前長5cm)
ナルディ用ホーンボタン(ランチア)1個
雑誌各種
デルタEVO1用パーツリスト(コピー版製本済)
デルタEVO1用マニュアル(コピー版ファイリング済)
デルタ4WDマニュアル(ガレ伊太出版版)

以上、まとめて3万円にてよろしくお願いいたします。
 (大原さん 横浜市旭区)
メールアドレス:MHC02666@nifuty.com

 

コメントする

デルタ復活!

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

ブログ投稿サイトへのパスワードすら忘れてしまうくらい更新をサボっておりましたw
さて、一昨年の12月に手元に戻ってきてから、原因不明の電気系トラブルで一度も乗ることなく放置したデルタが、やっとこさ復活しました。 正直なところ、それ以前から再始動が困難であったり、冷間時の始動がインジェクションのくせにプラグがかぶるほどだったり・・・。まぁ、だましだましで乗ってきた十数年でしたが、今回の修理で根本的な部分からやり直していただくことにしました。 この2年ほどはF355のほうばかり乗っていましたし、デルタ以上に費用もかけてメンテナンスをしてきましたので、なかなか踏ん切りがつかなかったのです。そんなこんなで1年半以上も放置したら、クラッチマスターが抜けちゃって、ローダーで引き取りに来ていただきました(笑)

さて、いろいろと打ち合わせの過程もあったのですが、今回はモーテックのメインハーネスを全部引き直し、センサー類への配線やカプラーも新たに作成していただきました。 あとは吐出量も把握していなかったインジェクターを新しいものに交換し、モーテックのセッティングを煮詰めていただいて、常用ができる車にしていただければ・・・(笑) そんなこともあり、ごちゃごちゃとした配線はバンバン引き抜いて捨てて、新たに作成です。 過去に複数の方に手を入れれいただいたこともあって、キボシ端子やらエレクトロタップだらけ。配線も追加による追加でワタクシもちんぷんかんぷん(笑)  今回はナビゲーションも取り外してしまいました。 いまどきiPhoneがあればほとんどは用が足りる時代です。 まぁ、自分では絶対にできない内容です。この配線の束を見ただけでも無理だと敬遠しますw

 

行程をだいぶ端折って書いてしまいますが、困難だった再始動の症状も直り、安定した始動とアイドリングを手に入れたました。 仕上げに実走行とダイノパックによって燃調をしつつ、パワーチェックもしていただきました。安全マージンをみてブースト1.2barで270psをマーク。 気温39度の条件にしては、満足のいく結果です(^^) あとは燃調を詰めつつ、ブースト1.5barまでかければ300psオーバーまで持って行けるでしょう。

というのが7月までのお話。 つい先日、引き渡しができる状態になったので受け取りに行ってきました。 本当は電車で行って、試運転がてら帰りには乗って戻りたかったのですが、50歳も間近なオッサンは、この灼熱の夏場にエアコンのない車を運転して帰る自身も無く、ローダーで引き取りましたwww ローダーから降ろして、自宅までの帰り道、3速と4速の加速にビビりつつも、感動しておりました。「デルタってこんなに速かったんだ!」ってね。 ガソリンスタンドで給油後の再始動も、アクセルに足を乗せていなくてもセル一発で始動しましたし、やっと安心して走らせることができるようになりました。 これなら、20年前のように東北だろうが関西だろうが走っていける気がします(^^)

 

 

そして、F355がやってきて2年目にして、ようやく双方が走れる状態になり、やっと集合写真を撮影することができました。 このたび大変お世話になったビアルベーロの皆様、本当にありがとうございました。 まだ、不完全な部分もご指摘いただいておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。 非常に簡単ではございますし、何回目のなのかも忘れてしまいましたが、デルタ復活のご報告まで。

コメント(2)

  

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。


合計

今日

昨日

 

2015年8月
« 2月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31