趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


投稿者: kimkim, カテゴリー: F355

メーカーさんは誰にでも運転できて不具合のない製品を目指すわけですから、意図的に手を加えて癖を作り出すわけではないと思う。 だだ、出来上がった製品は時として癖を持ち、「俺だけの特別なモノ」が大好きなエンスー気取りの車好きにとっては、ひと晩語れるネタにもなるのであります。 ワタクシもその部類であり、人間が作ったモノらしさなどとアバタもエクボ的な思いやりで、上手く付き合っていこうなどと思っとります。

ディーノや古いキャブ車みたいに「アクセルを3回煽って、燃料ポンプの音が変化したらアクセルを半分開けつつ、IGを回す」みたいな儀式ではありませんが、F355にもそんな癖があります。 夏場だろうと冬だろうと、ミッションオイルが温まっていないと2速に入りにくいのです。とくに冬場になると顕著に表れます。これは前オーナーさんから車を引き取るときにも注意事項として言われていたのですが、エンジンの暖機をして走り出しても、しばらくは1→3速でシフトアップをします。 回転を合わせれば2速に入れられないこともないのですが、「ギャ!」という嫌な音とともに、かなりの確率で弾かれます。

いろいろ調べてみたところ、F355に使用されているミッションオイルはAPI GL-5という過酷な条件で使用されるデフオイル並の粘度を持つオイルであります。 この粘度の硬さが渋い原因なのではないかと思うのですが、やたらと粘度を落として高速走行で不安を持つよりも、この癖を受け入れて付き合ったほうが無難だと思うのです。

さて、話は変わりますが、デルタみたいにステッカーペタペタ仕様にするつもりもないのですが、ちょっとだけ(笑)やってみました。 消火器の搭載場所とキルスイッチの場所表示です。いずれもドアを開けたりフードを上げないと見えない場所ですから、かなり控えめな感じです。 あとはセキュリティーのステッカーやらオイル交換の表示くらい。これまた控えめな場所に目立たなくさりげなく・・・。

あとはフロントフードのダンパーがヘタって保持しなくなり、荷物の出し入れをしていて後頭部へパンチを受けそうなので部品を注文しました。

コメントする

  

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。

 

2013年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930