趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


富士トリコローレ2013

投稿者: kimkim, カテゴリー: F355


2011年の第二回トリコローレにはデルタで参加をしましたが、今回はF355で行きました。 こういうイベントにはオリジナルの状態で行くべきだと思い込んで、白いホイールからノーマルに戻そうと思ったのですが、先日も書きました通りでして・・・。でも、会場での皆さんの反応は「このほうがイイ!」と言ってくださるので、なんだかこのままにしたくなりました(苦笑) それはともかく当日は最高の天気でして、日焼けした顔が痛いです。 若干、車高が落ちているので芝生の上を走るときはヒヤヒヤしましたが、なんとか大丈夫でしたw まぁ、リアのクリアランスもそんなにないので、気が抜けない車だということはよくわかりました。会場には色とりどりのイタリア車と、若干の欧州他車が入りまじり、ひとあし早い紅葉の景色でした。

さて、結構な写真を撮影しましたので、簡単にカテゴリー分けをして紹介します。 まずはスーパーカー部門。

今回はフェラーリもランボルギーニも少なかったですね。365BBと330は貴重な車です。458イタリアは油圧か電動の車高調整システムで芝生の上でも乗用車並みの車高にできるので、楽々と入場をしてきました。 458イタリアには日本仕様で右ハンドルが標準で選べるそうです。「右ハンドルでも値段は変わらないよ」とおっしゃりましたが、まだまだワタクシごときには手の出せる車ではありませんw

続いて禁断の車シリーズ。手を出したら泥沼にハマりそうだと勝手に思い込んでいるクラスです。 ちなみに、イタリア車乗りにとって最高の褒め言葉であり、尊敬すべきオーナーさん達です。

古いアルファロメオには一度は乗っておきたいですね。 X1/9はクラブでご参加のようで、かなりの台数がありました。

続いてはフェラーリV8クラス。

残念ながらF355は3台だけ。328が多かったですが360モデナや430は、ワタクシが帰るまでには1台も来ませんでした。

あとは会場の雰囲気と、ごく一部ですが会場に来た車たちです。

今回はCGのバックナンバーと木製の308GTBをフリマで購入しました。

自宅に帰ると二匹が冷たい目ぢからで迎えてくれました(笑)

ごめんよ、、、。

ということで、来年は2台持ち込むことを考えますw

コメント(2)

  1. なっくん

    やはり跳ね馬の方でいらしてたんですね。
    が、しかし、、、私勝手に赤だとばっかり思ってたのですが、スバラシイ!
    そうだったんですね。一番前に鎮座していたあの355とは失礼いたしました。

    私も最近初めて真剣に跳ね馬が欲しいと思うようになりました。
    が、、、最近はまたクルマの価格が高騰しているので生涯縁がないかもしれません。
    縁あって譲ってもらうか、またまたギャンブルして海外から持ってくるか。。。

    悩ましいですが、悩んでいる時がクルマ選びの一番幸せな時間だと思ってもうしばらく今のクルマに手を掛けてやろうかと思ってます。

    あっ、後宜しければこちらのリンク張らせていただけませんでしょうか。
    よろしくお願いします。

  2. kimkim

    なっくんさん、こちらこそ会場では気が付きませんで失礼しましたm(_ _)m 跳ね馬についてはいろいろな話もありますが、乗らずして語るべからずでして、乗ってしまったら最後・・・デルタ以上に手放せない感が湧いています。 赤が良かったのですが、出物がこの色だったことと、車の程度と価格とタイミングで「今しかない!」でした(苦笑)

    リンクのほうはどうぞよろしくお願い致します。

コメントする

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。

 

2013年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031