趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


コネクターの正体は

投稿者: kimkim, カテゴリー: F355

先日、ブレーキパッドの粉で汚れたホイールを洗っていて、右のフロントインナーフェンダーの前側からコネクターが出ていることに気が付いた。 オーナーズマニュアルに記載があるのかと探したが、そんな記述はなく、もとオーナーさんに電話をして聞いたところ、あとから細工をしたバッテリーチャージ用のコネクターだそうだ。 そういえば車を引き取るときに充電器らしきものもいただいていた気がする。 F355のバッテリーはフロントフェンダーの前側に設置されている。 アクセスするときにはジャッキアップをしてタイヤを取り外し、インナーフェンダーを取り外す。 作業自体が非常に面倒。どうしてこんな位置にあるのかというと、重量バランスのこだわりだそうです。 では、バッテリー上がりをしたときにジャンプスタートをどうするのかというと、ちゃんと専用のターミナルがリアのエンジンルームにあります。

まぁ、いずれにしても毎日乗る車ではないので、バッテリーが弱りやすい。 いただいた充電器は、自動的にスイッチが切れて過充電を防ぐ機能があるらしい。 乗らずに放置するときは繋ぎっぱなしで良いそうだ。

コメントする

週末は

投稿者: kimkim, カテゴリー: F355

オーナーになってから週末に走り回ること1000㎞。 強烈なストッピングパワーに感激しつつも、MRの車の挙動が今一つわからず、タイヤのグリップ力に100%頼る運転しかできません(苦笑) エンジンの方は4000rpmから音色が変わり、独特のF-1サウンドになりますが、先日は2速でレブリミット間際の8000rpmまで回しました。蹴飛ばされるような加速はもちろんですが、6000rpmあたりから金属音とすさまじい高音域に入り、7000rpmを超えるあたりから、さらに1オクターブ高い音質になると、もはやこの世のものではない快音です。フェラーリV8の傑作と言われるだけのことはあります。 当然のことながら2速で法定速度を軽くオーバーしてしまう車ですから、そんな運転をする場所は公道にはありません! ちなみに、5速で250㎞/hまでカバーします。なので6速ギアはエコモードと思っております(笑)

さて、週末はしばらく八ヶ岳か箱根へ行くことが日課となりそうですが、今週も早朝から行ってきました。 某地元高校の競歩大会が開催されていると知っていればコースを変えたのですが、途中で引き返して二度通るのもなんだかぁ~なので、控えめに走りました。 パーキングで窓を開けて駐車していたら、スズメバチが入り込んで10分ほど足止めを食らいましたが、涼しくて気持ちの良いドライブでした。 自宅へ帰ると、購入したフェラーリのオフィシャルグッズが届いていたのですが、跳ね馬のエンブレムのついたタグに感動してしまいました。普通のワイシャツが5枚くらい買える値段でしたが、ブランド力を感じます。

デルタと違って新車から乗っているわけではないので、車の状態がいまひとつつかめていないこともあり、走り終わったら各部をチェックします。 ちょっと気になったのがインテークパイプのホースに亀裂が見られるのと、サブタンクのところから冷却水のにじみがあること。 あとはちょっとオイルの焼ける臭いがするので、何処かからオイル漏れがあるのかもしれません、、、。 近いうちに総チェックをしてもらう予定なので、その時にこの車の状態を把握したいと思います。

走行距離が延びれば維持費のかかる車ですが、週末くらいは乗ってあげないとですね。

 

 

 

コメントする

  

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。

 

2013年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031