趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


ABARTHのオイルパン他

投稿者: kimkim, カテゴリー: ガレージ, デルタ

ル・ガラージュで見つけたので衝動買い。 ドレーンボルトを外せば植木鉢にもなりますが、ちょっと土を入れる勇気がないのでとりあえず小物入れか灰皿に・・・。ロゴは自分で色を塗りました(苦笑) ちょっと贅沢なオブジェです。 もうひとつはLANCIAのロゴ入り車載バック。表示板ですとかブースターケーブルなどを収納しておくための物です。

コメントする

デルタの様子

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

雛壇に上がっているデルタのもとへ行ってきました。 すでにミッションは降ろされ、ファイナルギアは取り出されておりました。 あ、すでにクイックステアリングギアボックスも取り付けられております。 あらたにダメ出しをしたのはクラッチレリーズベアリングとリアのラジアスロッドのブッシュ。 どうせここまでバラしたならなら強化クラッチにしてしまおう・・・なんて思っております。 毎度のことながらついで仕事が増えるわけです(笑) でも、どうせ来年か再来年あたりにクラッチ関係をやるなら、工賃の二度払いをするより今なんですよね、タイミング的には。

左が16万キロをともにしてきたデルタのファイナルギア、真ん中がアルファロメオ155Q4のファイナルギア。デルタの3.111に対してアルファロメオ155Q4のファイナルギアは3.353。ちょっとだけローギアードなわけです。 ミッションケースの中にある鉄粉をキャッチするためのマグネットには、それなりの切り粉が・・・。まぁ、16万キロも走れば致し方ないでしょう。 デルタのファイナルギアは綺麗に掃除をして、ガレージのオブジェにします。 こんな感じでオーナー自身が車の消耗状態を把握しておくことも大切かもしれません。

リア周りの写真は、こうやってリフトで上げているときくらいしか撮影できないのです。

黄色いのは前記したラジアスロッドのブッシュです。動画は・・・百聞は一見にしかずw

IMG_1256

 

コメントする

デルタの水彩画到着

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

iPhone5と時を同じくして、依頼していたデルタの水彩画が届きました。 写真で見るよりずっと素晴らしい出来に大満足です! 作業の経過もCDRに納めていただいてます。溝呂木さん、ありがとうございました。

コメントする

iPhone5到着。

投稿者: kimkim, カテゴリー: その他

さて、発売から2日後にiPhone5が届きました。 最初は4Sを下取りに出すつもりでしたが、デルタと同じくマイ世界遺産に登録し、ジョブズ氏に敬意を表してWi-Fi専用端末として手元に残すことに決めました。 ま、自宅のトイレとかに置きっぱなしにしても良いかなと・・・世界遺産にしちゃぁ雑な扱いか(笑)

さて、さっそく体験した4G LTEが鬼っ速です! 「3Gはアナログ回線か!?」と思うくらい(ちと大袈裟) まぁ、アンドロイド系の方たちは2年くらい前から得ていたであろうスピードでしょうから珍しくもないでしょうけど。 マップの問題、ドックコネクタの件が騒がれておりますが、どうせ修正されるのだろうし、ギャーギャー騒ぐほどのことでもない。

なにはともあれ「たかが携帯電話」だけでは済みそうにないほど愛着がわく機械です。 何かと同じ気がする・・・。

コメントする

デルタの水彩画

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

完成したとの連絡をいただきました。 写真では見慣れていますけど、こうやって描いていただくとまた違った感じがイイです。

コメントする

なんで同じ土俵?

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

面白い記事をみつけました。とある週刊誌(バレバレですが)に掲載されていたデルタ。 なんと458イタリアとの比較でありますw 素性も価格もステージも、まるっきり違う2台が紙面に載るなどということは滅多にないのですが、バカさ加減の比較ということで納得。 バカさ加減という言葉にとムッとするようでは、お気楽イタリア車乗りとは言えないので、褒め言葉と思っておきましょう(苦笑)

「世界一壊れる」などというレッテルを張られ「そんなことはない!デルタは壊れない!」と反論したところで、つまらない議論の始まりです。そんなことは20年前から言われ続けているわけですから、「なんでも世界一なら良しとする」くらいの大らかさがなきゃいけません。 そもそも世界一壊れるという伝説?は、オーナー自身が創りあげたモノなので、楽しそうにBLOGやWebでトラブルの話をしてきた結晶なのですから。

免疫のない方は数か月で売りに出すでしょうけど、壊れることを前提にオーナーになっているわけですから、たいがいのことではくじけません。 道端でエンコして、ボンネットを開けて積載車の到着を待つ自分の姿にさえ酔いしれるくらいじゃないとやっていられませんし、 何十万もするぶっ壊れたパーツを遺骨のごとく部屋に飾るので、嫁さんに叱られているオーナーも多いはず。 とにかく「壊れませんか?」と聞かれることをワクワクしながら待っているマゾなわけですから・・・ネタは多いです。

しかし、オイルフィルターが走行中に脱落するってのは車の問題じゃないだろ?(笑) でも、この車のイメージにピッタリか・・・。何はともあれなにごとも世界一ならそれも良し! デルタ万歳だ!

コメント(2)

20周年プレゼント

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

車に贈り物をするイコール自分自身に買うのと何ら変わりがないのですが(苦笑) 1992年モデルなので20周年のお祝いです。 ル・ガラージュさんで開催されていた溝呂木陽さんの水彩画展にて、個人の車も描いてくださるとの案内があったのでオーダーしました。  世に名を残す名車とはこれからも出会えるチャンスと、いずれオーナーになる機会は設けるつもりですが、この世にただ1台の相棒は、他人が作ったヒストリーではなく、私的にはともに過ごした時間が価値観の全てです。

エボルツォーネ(通称EVO)モデルに16Vのマルティニラインを施工した車は他にはないと思いますし、ミニカーでもタペストリーでも、市販されるもので絶対にこのカラーリングは出ないでしょう。 ならば描いてもらうしかないわけです。 そんなこともあり、写真をもとに下書きをしていただいた状態です。 仕上がりが楽しみです(^^)/

コメントする

そういえばボチボチ

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

デルタを預けてから思い出したのですが、リアの足周りからゴトゴト音がしていたのを思い出しました。 リフトアップされているとのことでしたので、ひととおり確認をお願いすると、やっぱりラジアスロッドのブッシュがお亡くなりに・・・もちろん交換しておきます。思い出せばパワーフレックスのブッシュが流行りだしたころに交換したままですからね(苦笑) かれこれ8年くらいになりますか・・・。 あとはほとんどピロジョイントにしているので、あちこちガタが出ているかも。ボチボチ足周りのリフレッシュも必要なのかもしれません、、、。

 

 

 

コメントする

預けましたよ

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

貯金じゃありません、散財のほうです(笑) 高校生になった娘が海外研修に行きたいと希望して、昨日は学校側の説明会に参加してきました。 親父がコレだけ道楽に身を投じ、娘の希望に添えないなんてことがあったら何を言われるかわかりません(^_^;) 「気持ちよく行って来い!」と言ってやりました。 なので来年は車弄りは一切なし! 前倒しの企みです(ヲイヲイ)

先日にも書いたステアリングギアボックスと、部品だけ手配して転がっていたファイナルギアの交換です。 毎度のことですがローダーで運ばれていきました。 秋のベストシーズンには戻ってくる予定です。 しばらく寂しいガレージです。

 

 

コメントする

  

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。


合計

今日

昨日

 

2012年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930