趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


8月31日

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

19年前の今日という日に乾杯だ! そして生誕20周年おめでとう。

コメントする

Hpi 1/43スケール デルタインテグラーレ16V (1989サンレモ)

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

通称赤マルティニは、デルタ乗りの皆さんなら知らない方はいないでしょう。 1989年のサンレモラリー1戦のみに投入されたマシンです。しかも、それまで8Vエンジンだったデルタを16Vエンジンに改良して投入したデビュー戦です。 たった1度のスペシャルカラーは、メインスポンサーのマルティニから「ロゴが目立たない!」とクレームがついたとかそうでないとか・・・。 まぁ、いずれにしてもこのカラーリングはスペシャルなわけです。 今回購入したのはナイトステージ用にライトポッドが装着された120台限定のモデル。 スピードラインの3ピースホイールのディテールや全体の質感はまずまずです。

さて、あんまりミニカーをコレクションしている話は書きませんでしたが、それになりにあります(笑) ほとんどはデルタ関係ですが、すべてが揃っているわけではなく、見つけた時に購入する程度です。 あとは一度は乗ってみたい車シリーズでまとめてます(^_^;)

コメントする

夏が過ぎ風あざみ

投稿者: kimkim, カテゴリー: E320, その他, 旅行・おでかけ

風あざみってのは陽水さんの創った造語だそうです。これはあざみの花じゃありませんけど、ゴルフ場へ行く途中の風景。 いよいよ秋の到来ですね! 夏が若者のモノなら、秋はオヤジたちが活動する季節です(苦笑) 秋と言えば山ですよ山! BBQして食って飲んでまた食って・・・飲んで・・・。 デルタの再始動困難病も完治しましたし、週末は山へ行こう。

 

 

 

コメントする

ABARTHステアリングギアボックス

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

20年前、50万円以上出さないと手に入らないパーツでした。 今回入手した製品は、日本から取り外したギアボックスをイタリアへ送り、ケースはノーマルを使用して中身だけクイックなギアボックスに交換するという品です。 右の写真はアイ・ラブ・インテグラーレという雑誌に掲載されていた本物のABARTH製品。 このワークスパーツを手掛けていた職人さんが制作してくれたという話です。とりあえず信じてます(笑) まぁ、もしもそうであれば70%オフで入手できるのでお買い得です。たぶん純正パーツを買うよりもさらに安いと思います。

ロックトゥロックで約3回転するノーマル品と比較すると、この製品は2回転。 だいたい今までの7割くらいの舵角で済む事になるのかな? 期待してます(^^)/

コメントする

消火器

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

消火器が届きました。 いままでのタイプは粉末でしたが、今回はハロトロンガスのタイプです。 粉末や液体の消火器は、消火活動をすると電装系に致命的なダメージを与えるらしく、全焼されるのも困りますが、願わくば後々の修理も可能な状態で消化しておきたいところです。 容量的にも噴射時間も今までのタイプの半分くらいです。 お守り代わりに搭載しておきましょう。 ちなみに、今まで積んでいた消火器は2004年で使用期限が切れていました(笑)

さっそく、フロアに固定しておきました。 前にも書きましたが、消火器は自分のために使うとは限りません。いずれにしても使用することがあっては困ります(‘_’) どうか使うことがありませんように。

 

コメントする

PROVA

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

今日も走り回りました!イタリア語で「挑戦」とか「テスト走行」みたいな意味です。 シェイクダウンみたいなものです(苦笑) リアに掲げるボードとかステッカーとかもありますが、掲げたところで意味を解ってくれる方は少ないですね。

エンジンルームの熱気で足元から上がってくる熱もあって、噴き出す汗は尋常ではなく、水分取りながらじゃないと間違いなく熱中症になりますね(゜_゜) 車のほうは容量を増したオイルクーラーの恩恵が大きく、油温も安定しています。以前は油温の上昇に引っ張られるかのように水温も上昇をしていたのですが、今年はそんな心配もありませんでした。

さて、デルタオーナーさんは習慣のようになっている停めたらボンネット開け(笑) べつにエンジンルームを自慢したいわけじゃなく、無理やり詰め込んだ補機類やらで熱のこもる車ですから、こうやって開放してやるのです。 とくにボンネットが受ける熱は尋常ではなく、ボンネット裏の断熱材を外しているデルタなんて「いくらなんでも可哀想だろ?」と思うくらい熱いです。 道端でこれをやっていると「またイタ車が壊れてる」と思われるので恥ずかしいのですが、とりあえずやっておきます。 エキマニにバンテージを巻くとだいぶマシになるようですが、なかなかエンジンを降ろす機会もなさそうなので(汗)

 

コメントする

ピックアップコイルの交換

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

再始動困難病を改善すべく、疑わしきセンサー類を交換し続けておりますが、今回はデスビの中にあるピックアップコイルの交換。 症状が出た時にこの部分に接点復活剤を吹き付けたら症状が改善した経緯があったので・・・。 取り外しは意外と簡単でして、10㎜のナットを3個外すだけなのでたいした作業ではありません。 中にあるカバーを外すとこんな感じで見えます。 あとは半月状のプレートを留めている2本のネジを外し、コネクターを引き抜いて取り外しは完了です。

取り外したピックアップコイル。 取り外す時にマグネットの部分が割れちゃいましたし、たぶん配線を押さえておくための棒のようなモノも折れちゃいましたw 全体的に汚れてはいますが、なにがダメなのかよく解りません(゜_゜) さっさと交換して組み付けます。 オイルシールも硬化してカチカチなので新品に交換します。

さて、組み付けるときの注意点。カムシャフト側に溝が切ってあってそれに填め込むのですが、若干オフセットされて溝が切ってあるので方向を間違えないようにします。差し込んでから多少の微調整ができますので難しいことではないのですが、この溝に上手く入っていない状態で締め込むと、デスビのケースが簡単に割れます。 経験者は語るです(笑) この点だけ注意しておけば、取り付けも難しい作業ではありません。 ササッと作業を終えて、いざエンジン始動。 「キュルキュルキュル・・・キュルキュルキュル(゜レ゜)」 エンジンかかりません(笑)  悩むこと1時間「もしかしてギャップの調整とか必要なのか?」 と、プロのメカニックに問い合わせてみると、やはり0.3㎜~0.4㎜への調整が必要とのこと。 シックネスゲージが手元に無かったのでカンで勝負(笑)

2回目の取付け完了。スターターを回すとエンジンがかかった! で、ちょっとアクセルを開けてみる。「パンパン・・・バーン!」とすさまじいミスファイア(汗) ダメだこりゃ・・・。 意外とシビアな調整が必要なことにちょっと不安になりつつも、3回目の調整でやっと本調子に。 くれぐれもシックネスゲージをご用意してから作業をしてください。 写真は最初のクリアランスでして、これじゃぁ全くエンジンが目覚めません。 さぁ、これで再始動困難病は直るのか? いまのところ問題なく再始動できてます。

 

 

 

コメントする

ただの重り

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

先日、車両火災を目撃して、ふと自分の消火器のゲージに目をやると・・・スッカラカンでしたorz これじゃぁただのウエイトですよ(笑) 巷ではよく燃えると言われている古いイタ車ですが、幸い今まで使用したことは一度もありません。 さっそく新しいのを手配しました。今回はガスタイプのやつです。

コメントする

あっち行ってこっち来て

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

大昔にNAVIという雑誌でデルタのことをそんな言葉で表現していたのを思い出しました。 4ドアハッチバックのファミリーユースからスポーツ走行まで、あっちの世界へ行ったり、こっちの世界に来たり・・・そんな表現だったのだと思います。  確かに産まれた二人の子はデルタで産婦人科から連れて帰ってきましたし、キャンプ道具を積んであちこち行きましたし・・・。カッティングが施される前からさすがに葬儀には乗っていきませんでしたけど、通勤には使っていたなぁ~。 まぁ、今じゃ完全にファミリーユースを無視した車になっちゃっていますけど(苦笑)

結果的にセカンドカーが必要になって、いろいろな車に乗りました。 いまはメルセデスですが、本当にいい車です。同年代の車とは思えないですし優等生すぎてつまんない(笑) エアコンなんて15℃以下の設定があって、センターコンソールでは飲み物も保冷できます。  でもね、いつも乗り比べて思うのです。走るとあちこちからギシギシ音がするヤレたボディでも、快適なエアコンがなくても「やっぱりいいなぁ~」って。

いつも夏場は乗らないのですが、今年の盆休みは珍しくデルタに乗っていました。 炎天下でエアコンなしってのは、四十路も半ばを過ぎたオジサンには拷問ぎみですが、8月30日でちょうど20周年。 いろんな意味で頑張ろう! あ、そうそう、再始動困難病はデスビ内部のセンサー不具合で確定です。 ただいま英国からパーツをお取り寄せ中です。

 

コメントする

スポットクーラー

投稿者: kimkim, カテゴリー: ガレージ, デルタ

8月に入り暑さもピークでして、とくに車内で作業をするときには、これがないとやっていられません・・・。 本当はリビングとかでも使いたいくらいですけど、排気熱のほうが強烈なので、室内での使用は逆効果w あと2ヵ月くらいお世話になります。

コメントする

« 前のページ  次ページへ »

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。


合計

今日

昨日

 

2012年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031