趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


RECS施工

投稿者: kimkim, カテゴリー: E320, MINI COOPER, デルタ

はじめに、この商品はWAKO’sさんのWebにも掲載されていないので、一般売りはされていない商品のようです。入手ルートのお問い合わせ、施工方法などにはお答えできませんのでご了承ください。 個人に販売をすると、施工する際に「調子が悪くなった」「やり方がわからない」「エンジンが壊れた」などと言ったトラブルが頻発することを考えてのことでしょう。とまぁ、そうはいってもオークションで簡単に入手できるわけですけど・・・。この手のケミカルや添加剤では、ぼちぼちプラシーボ効果ではなくて本当の効果を体感してみたいわけですが、巷での噂や動画を見るかぎり良さそうなので施工してみました。デルタも含めて3台ぶんです。 サージタンクからの負圧を利用して点滴を注入します。

まずはミニ。 点滴をセットして溶剤を130㏄くらい注入してエンジンをかけてほったらかし。 だいたい30分くらいで点滴は終わりますが、施工中に効果が表れるものではなく、300㎞くらい走りながら徐々にRECSで柔らかくなったカーボンやスラッジを落とすというもの。 なのでWebで見かけるマフラーから煙モクモク状態にはなりませんでしたし、直後にアイドリングが安定したとかエンジンが軽くなった気がする・・・というようなことはありません。 走行距離はデルタが16万キロ、E320が10万キロ、ミニが7万キロです。排気量も過給器がある無しの異なるエンジンに施工しましたが、煙モクモクなのは1台も無し。 エンジンストールするほど急激に入れれば煙が出るかもしれませんけど、、、。 とにかく煙が出るのはカーボンやスラッジが燃えているのではなく、RECS溶剤が染み込まずに燃えちゃってるということですかね?

ということで3台施工してたら半日潰れました(笑)

コメントする

  

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。


合計

今日

昨日

 

2012年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031