趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


捨てるならくれ!

投稿者: kimkim, カテゴリー: E320

とまぁ、乱暴な題名ですが、1997年式10万キロ走行のE320。下取り査定がゼロに近いそうです。 E55に乗り換えたオーナーさんは、このまま廃車にするつもりだということを聞きつけ「捨てるならちょうだい!」とお願いしたところ、大切に乗ってくれるなら・・・ということでいただきました。もちろんタダ(苦笑) その昔、リアのドアが開かないBMWの525やフィアットX1/9なんかも大切に乗ってくれるなら・・・なんて頂戴してきたこともありますが、この車はまだまだ走れる!外装も内装もピカピカで、こんな車が捨てられようとしている日本はどうなってんの?と思います。 古いモノを大切に使うのもエコだと思いますし、ハイブリッドが幅を利かせている時代ですが、逆行してみようと継続車検を取得しました。 いちばんの理由は長年連れ添ったオペルオメガがいよいよダメになりましたので、そのリリーフということになります。1999年型のオペルオメガ→1997年メルセデスと、年式を逆行してしまいましたが、もともとのつくりが比べ物にならないのでこれもアリでしょう。

さて、18インチを履き、リアにはダークなスモークフィルムを貼られたチョイ悪系の姿ですが、乗り心地はジェントル。まぁ、デルタやミニだのお世辞にも乗り心地の良いと言える車を所有していませんから、ボルボ(S80)と比べての話になります。ちょっと走っただけで新車価格で同じクラスとは思えないほどの違いがわかります。 このドッシリ感と安定感はメルセデスリピーターを掴んで離さない大きな理由でしょう。捨てられるはずだったので、車体から取り外されたオーディオやETCをもとの状態に戻します。こういう部分を組みつけたり取り外したりすると、この車のキッチリ造られた感が増します。 配線の処理やらコネクターなど、見えない部分にも造り手が労力を費やしている形跡が解ります。このあたりはイタリア車好きには悔しいですけど、流石だと認めざるをえない部分です。

しばらくプライベートな移動を中心に活躍してもらうことになりますが、ガソリンタンクの容量のデカさには驚きました! エンプティランプが点灯する手前の状態で給油して72ℓ(笑) 12000円が飛んでいきました・・・。 これでせいぜい450㎞くらいしか走れない。見栄か物好きか、やっぱりそんな乗り方をする車なんでしょうかね。

コメント(2)

  

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。

 

2012年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031