趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


立ち上げ2年、震災から1年。

投稿者: kimkim, カテゴリー: アクアリウム


もうすぐ2年が経つペンタゴン水槽は、ちょっと魚水槽になりつつあります(苦笑) どうもミドリイシの調子が悪くて次々に白化してます。やっぱり水質かなぁ? それでも残っているサンゴも多いですし、定期的に水替えもしているので、やはり魚が多いのでしょう。 少しサンゴは追加しないで、様子をみている感じです。 タテジマキンチャクダイ、アフリカヌス、アズファーと3匹の大型ヤッコは順調です。 あと、ヒレナガハギの成長がすごくて、水槽で最大の大きさになっています。 見た目も地味で気性も荒くなってきていますが、海草やコケを食べてくれるので観賞魚というより生物兵器として必要です。おかげでハネモ以外は全く海草が出てきません。 あと、厄介なカーリーも全く出ないですから、コイツが小さいうちに食べてくれているのかもしれませんね。

 

それと、以前にも書きましたがデバスズメが産卵してまして、ライブロックが真っ白です(笑) 写真は砂を被っているのではなくて、白いのは全部デバスズメの卵です。孵化することはなく、3日ほどで無くなりますから、何かに食べられてしまうのでしょうか? 産卵の時期になるとデバスズメといえども近寄ってきた大型ヤッコにアタックして追い払うほど気性が荒くなります。 だいたい2週間ごとに数匹が産卵をするので、いつもどこかがこの状態です。産卵をする前にライブロックをきれいにする習性があるので良しとしてます。 あとはタツノオトシゴ(オオウミウマ)が3匹、無給餌で何カ月も生きてます。たぶんこのまま水槽に発生するヨコエビのような生物を食べ続けて生き延びると思います。 あとはチェルブとかオセレイトラスとか小型の魚も順調ですが、動きが早くて上手く撮影できません(汗)

 

あとは別の水槽ですが、毎月産卵を繰り返すカクレクマノミとハタゴイソギンチャクだけの水槽がいちばん安定しています。前オーナーさんから引き継いだ2匹ですから、大切に育ててます。 そして震災後に魚が全滅してしまった1500㎜水槽には、わずかなサンゴとイボハタゴイソギンチャクとスミレヤッコが1匹。 これまた水替えが必要ないくらい安定しています。今後はこちらをミドリイシ水槽にしようと思ってます。

 

コメントする

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。

 

2012年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031