趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


水漏れ修理

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

水回りの配管をメッシュホースにすると、いったいどこから漏れているのかわかりにくいのであります。ホースバンドで締めているところから伝っているのか、途中に穴が開いているのか・・・。増し締めしても漏れが止まらないので、途中に穴が開いていると仮定して交換しちゃいましょう。エア配管と違ってそのまま取り外すわけにもいかず、当然ですがクーランとを抜きとらなくてはなりません。これが面倒なんです・・・。

ジャッキアップをしなくてもタービン冷却用のウォーターホースは外せますが、下周りもチェックしたいので持ち上げてクリーパーで潜り込みます。Betaのクリーパーは低反発枕のようなクッションなので、長時間寝転んでいても痛くありません。さて、サブタンクからの配管を外し、やっぱり原因は突き止めておきたいということで漏れていた箇所を調べます。ホースの中に水を流したくらいじゃ漏れているところから出てきませんし、メッシュが邪魔して場所が特定できません。ということでエアーガンを片方に突っ込んで、もう片方を手で塞ぎ、エアを注入してみます。するとどこからともなく「シュー」と空気の漏れる音。やはり配管の途中に穴が開いてました。

 

あとは在庫しているホースに交換したら、電動ウォーターポンプがしっかり回っているか確認しながらエア抜きをして完了です。よほど汚れていない限り抜き取ったクーラントを戻すか、捨てる場合は量を計っておきます。この方法をとるのは抜き取った量と入る量を確認するためです。あちこち配管を外して水を抜くと、組み上げた時に抜き取った半分しか入らないなんてこともあるんです。 交換が終わって安堵して、暖機運転中にエアが噛んでオーバーヒートさせちゃいそうになった経験あります。のんきにタバコなんぞ吸うのは水温計とにらめっこしてからです。 ところで、汎用のホースを使用するときには、曲がり角をできるだけ作らないように配管を工夫したほうが良いと思います。 鋭角に曲がった部分は穴が開きやすいです。 写真の燃料レギュレーターの配管なんかがそうです。一昨年に穴が開きました(苦笑) エルボージョイントなんてのはこういう場所に使うべきなんだよなぁ~・・・。

 

 

コメントする

ガレージアイテム

投稿者: kimkim, カテゴリー: ガレージ, デルタ, 車ネタ

完全なクローズドスペースに向けて、見積りと図面製作を依頼してます。ガレージの中を水洗いしたいですし、シャッターを多用する方法で検討してます。エアコンも装備するつもりですが、やっぱり春や秋には心地よい自然の風も通したいですしね。 まぁ、これからもとにかく過保護なくらいデルタを可愛がってやるつもりです。

ということで、相変わらず将来に向けてガレージの装飾品をコツコツと集めてます。先日もル・ガラージュさんへ立ち寄った際に購入したオリオフィアットのオイル缶と、どういうイベントだか良くわからないけどランチアエンブレムが入っていたので購入した看板(苦笑) たぶん1985年に亡くなった037ワークスドライバーのアッティリオ・ベッテガの追悼イベントみたいなものでしょうか? 何十回と足を運んでいますが、ここへ来ると、ついつい何かを買わずにいられない・・・。イタ雑さんとセットで必ず回ります。

さて、ガレージ装飾ばかりではなく主役のほうにもボチボチ手を入れています。今年は予防整備ということで、ダメになっていなくてもセンサー類を交換していきます。水温センサーカムタイミングセンサー、イグナイタなどなど・・・。あんまり乗らなくても昨年から少しずつ手は入れています。 ワタクシのデルタはEVOIですが、点火系はEVOIIに交換しているのでパーツ手配の際は参考にしないでください。マレリーを使いたいところですが、なかなか入手できないのでドイツ製で今回は我慢してやりました(笑)

コメント(2)

ご無沙汰です

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ, 車ネタ

本当に久しぶりにデルタに乗りました。さて、いったいいつから乗っていないんだ?と、調べてみたら、レプリカコンテスト以来みたいです。 2か月ちょっとですね・・・。もう税金や車検のコストパフォーマンスとか考えるつもりもありませんし、たとえ3ヵ月に一度乗るかどうかでも、あるだけでも十分な車なので・・・。 ただ、やっぱり乗らないと最初は調子悪いです。 しばらく走ると良いんですがね。そして、iPhone+Bluetoothの簡易的なオーディオは、じゅうぶん機能を果たしてくれることもわかりました。でも、けっきょくは車からの異音とかを注意して聴く妨げになるので、すぐに止めちゃいましたけど(笑) 前にもそう思ったからオーディオを取っ払ったのに、10年も経つと忘れちゃうんですね。

ということで、くすぶったエンジンに喝を入れてぶん回してやりました。最初は黒煙がドバっと出てましたけど、帰るころにはいい塩梅。 気温が低いのでちょっとオーバーブースト。久しぶりのブースト1.4bar・・・暴力的というか怖い(笑)  帰り道に会社の水槽の水替えをしていなかったことを思い出して立ち寄り、二階からデルタを眺める。 う~ん、やっぱりこの四角い車がイイ(笑) ただ、やっぱり2速のトロさはタービンじゃ絶対に解決しないと確信しました。これだけ久しぶりに乗ると、あれやこれや良くなっただろうという思い込みや、主観的な感覚がリセットされますね。 春になったらファイナル替えよう、、、。

コメントする

やっぱりね

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ, 車ネタ

娘の受験合格祈願に制作していただいた鉛筆彫刻のことを書きましたが、無事に志望校への合格となりました!ご利益あったかな? で、やっぱりこういうのも作ってもらいたくなります(苦笑) ここのところ新聞やテレビで取材殺到でお忙しいと思いましたが制作依頼をしてみました。 1本で全ての文字をお願いするには、あまりにも長い名前の車(笑) 「さすがにエボルツオーネまではまぁいいか・・・。」ということで、4本に分けて依頼をしました。 色鉛筆でトリコロールカラーとか、いろいろ考えましたけど、まずはオーソドックスな鉛筆で。

 

 

完成しましたとメールでご連絡をいただきました。 前回にも書きましたが、アルファベットのA~Zを1本の鉛筆で仕上げる匠の技は完成して、ギネスブックに申請中だとか、、、。 この写真はその制作途中で見せていただいた時のものです。非常に繊細なので、手にとって観るなどということは怖くてできませんでした。 (写真はすべて山崎利幸さん撮影)

 

 

コメントする

とりあえず設置

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ, 車ネタ

オーディオを取り払ってしまったデルタで、もう一度音楽を聴きながらドライブできるようにしようと、スピーカーを灰皿に入れた話は書きましたが、その後です。 「そんなもんオーディオデッキを戻せばいいじゃない?」と思われるでしょうが、写真の追加メーターパネルのところに本来は入るので・・・。それにオーディオの配線類は根こそぎ撤去してしまいましたので(笑)

ケーブル類やシガーライターなどからの配線がそのへんに見えているというスタイルが許せない(自分の車だけです)性分なので、あれこれ考えました。 あまり遠出はしませんがiPhoneの充電もしたいですし、かといってシガーライターからコードがビロロロ~ンと垂れ下がっているのはいけません。 スピーカーへの電源供給はUSB(5V)である必要があるので、カーショップなどで売っている車でUSBの電源供給ができるコネクタを配線の間に入れ込んで灰皿の裏から結線して対応しました。 iPhoneやその他のUSBで充電をする機器も5Vであることを知らず、トランスミッターを直接12V電源に結線してしまい、ひとつダメにしましたので(笑)

さて、iPhoneの収納方法です。 助手席にあるナビパネルに納めたいところですが、しょっちゅう操作をするはずですから手が届きません。いろいろ方法は考えましたが、とりあえず市販のシガーライターに差し込むタイプにする方法を選びました。 充電もできますし、使わないときは外しておけばいいので・・・。 でも、これはあくまで一時的な方法です。

コメントする

エンジンマウント逝く

投稿者: kimkim, カテゴリー: MINI COOPER

久しぶりにミニで走っていたら、突然「バコッ! ドコドコ・・ドドスコ・・・」と、すさまじい振動が・・・。タイヤがバーストしたと思い、路肩に寄せて確 認したけど異常なし。あわててすさまじい振動と音を立てながら引き返し、なんとか帰宅。原因を探っていたら、どうやらエンジンマウントが折れたらしいです(笑)アクセルを煽ると、ずいぶんとエンジンが動いてくれます(^_^; これじゃあまともに走らないわけだ、、、。 ということで部品待ち。

 

 

 

コメントする

動かなくてもダメ

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

はじめに弁解じみたことを書いておきますが、このことはわたくしのデルタが水配管にアールズのホースを使用しているから起きたことであって、全てのランチアデルタがそうだとは限りません。ただ、起こらないとも言い切れませんけど・・・(笑) 「だからイタ車は・・・」などと巷で言われるのは、こういうことを面白おかしく、愛おしく書く人たちがいるからで、所詮外車は大差がありません(苦笑) まぁ、そう書いたところで、エンコして止まっているメルセデスの横を気持ちよく通り過ぎることほど気持ちいいことはありませんけど(^ ^;

さて、この季節は冬眠に入るわがデルタですが、毎年のように乗らずとも壊れて・・・いや、消耗品は傷んでいきます。 とくに多いのが水周りのホース類。サムコのホースに替えてから、ラジエター周辺の水漏れや不具合は皆無に近いですが、アールズのメッシュホースに替えたところは片っ端から漏れまくってます。 乗らなくても(笑) その度に増し締めしたりしてますが、やっぱりエコノフィッティングを使ったホースバンドで締めるタイプはダメかもしれません。

今年は膝をついて覗き込まなくても、プレートを引っ張り出せば汁モノ類の漏れをチェックできるようにしました。 おかげでガレージ床も汚れずに良いことなのですが、やっぱり今年も同じ箇所から水漏れ。 サーモスタットのところへの水配管ですが、一昨年から冬場になると漏れるという現象が続きます。原因もわかってます(苦笑) しかし、クーラント濃度が薄くないか? 寒冷地だったらアウトだなこりゃ(^ ^;

コメントする

灰皿にスピーカー

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

 

さて、iPhoneを手にしたんだから、10年以上もオーディオレスになったデルタにカーオーディオらしきモノを復活させてやろうプロジェクト第一弾です。 まずはカーショップで探しましたが意外と物々しいやつばかりで、大げさな存在感を出してしまいます。それに、チューナーが装備されていて、トランスミッターを使用することが前提の製品ばかりです。そこで家電店へ出向き、いいモノをみつけました! 非常に小型ながら、そこそこの音量を出せるスピーカー。しかもBluetoothを使用するのでコードレス。 電源は充電式で5時間、USBからの電源が取れれば無制限です。車からUSBへの電源を供給することはたやすいので、ダメもとで買ってみました。

 

さっそくペアリングを済ませ、スピーカー音量を最大にしてみると、うるさいデルタの室内でもじゅうぶん音楽が聴けるレベル。 はじめはダッシュボードとか、メーターパネルのところとか、スピーカーの設置場所に悩みましたが、なんと、灰皿の中にジャストフィット! もちろん灰皿の蓋も閉められます。 これで胸ポケットにiPhoneを入れながらデルタで音楽が聴けるようになります。 いい感じでエリッククラプトンが室内に響きます(笑) もちろん音質はそれなりですが、もともとフロント2スピーカーのデルタですし、あんまり音にこだわらないタイプの人間ですし、これで十分です。 玩具みたいですけど、なかなかのものですよ。

コメントする

  

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。


合計

今日

昨日

 

2012年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829