趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


バンパーの補強他

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

まずは先日にも書きましたFRPバンパーの補強からです。 作業はいたって簡単でして、バンパーを外して貼り付ける面の油脂をシンナーなどで綺麗にふき取り、紫外線硬化シートを適当な大きさにカットして貼り付けるだけです。 写真ではひもでバンパーを結んでいますが、これは開いた傷口をくっつけた状態で固定するためです。 ひと手間かけてやると仕上がりも違うものです。 この状態で日光に当ててやれば1時間ほどでカチカチに硬化します。

この写真は5年ほど前に反対側の同じ箇所を補強した部分です。 ほとんど一体化しています。 このシートはこういった補強目的のほかに欠損した部分の修復などにも使えます。たとえばバンパーの一部が欠けて無くなってしまった場合は、裏からシートを貼り。表からは欠損部分にあわせてシートをカットして貼り合わせてやればいいのです。 小さなFRPパーツなら、現物合わせで製作なんかもできます。もちろん色も塗れます。

お次は某日本車の車載ジャッキです。以前はKYBのシザースジャッキなどを積み込んでいたのですが、重いし嵩張るので処分してしまった(苦笑) 幸いにも10年くらい路上でジャッキアップを するほどのトラブルには見舞われていない。 パンクしたら補修剤で済ませればいいじゃん!程度に考えていた。 だったらスペアタイヤ降ろせよ!って言われ ますけど(笑) アルミ製で重量は1.4kgと軽量です。搭載したぶんはドライバーが努力で減らせる範囲だな(笑)

オークションで4000円ほどで落札しましたが、許容加重が800kgなのがたまにきず。 我がデルタのフロント加重は、2名乗車に変更した時点で計りな おした結果、エアコン類を取っ払い、ボンネットをFRPにした恩恵もあって820kg。 それでもちょっとヤバイかな(笑) まぁ、なんとかなるでしょ う。さて、問題は収納場所ですが、いくら軽いからといってトランクの中に放り込んでおくだけではゴロゴロと転がって危険です。 おそらくスペアタイヤを外した方は、残ったブラケットの使い道が何か無いものか?と一度は考えたことがあると思いますが、この重量のジャッキなら固定できそうです。 いずれにしても固定用ブラケットは製作する必要がありますが、綺麗に収納ができそうです。

コメントする

Beta 903A/C93

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

車載ツールにちょうど良さそうなので購入しました。 1/2と1/4ラチェットの基本セットに、差し替え式のドライバー類がメインです。 メガネやスパナ類は入っていないので別途搭載する必要がありますね。

 

 

コメントする

軽さの代償

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

2006年のクラッシュでフロントバンパーをFRP製に交換したのですが、その理由は軽量化というより純正品が高額だったから(苦笑) 正直なところグラム単位までの軽量化になんかこだわっていません。 だいたいFRPバンパーがどれくらい軽いのかさえ知らないしたらーっ(汗) でも、安価なのは非常に有難いので、これからも使い続けるでしょう。

さて、そのFRPバンパーですが、純正の樹脂製に対して割れやすいのがたまにきず。下手な持ち方をするとベキッ!っと割れます。 とくにバンパーの取り付けの時には注意が必要なのですが、振動やら衝撃などでもクラックは入ります。

先 日もバンパーを取り外すときにベキッ!っという音とともに左の角にクラックが入りました。 なので、さっそく紫外線硬化FRPシートを手配して、修理とい うより割れが広がらないように補強をします。何かやろうとすると余計な仕事が増えるのが素人ってものでして・・・(笑)

じつは右側も同じようにクラックが入ったのですが、補修をしてヒビ割れが大きくなるのを防げました。写真は傷口が見やすいように少し開 いていますが、補修をするとほとんど見えなくなります。 まぁ、幸いにもフェンダーの境目のところなので、隠れて見えなくなるのが不幸中の幸い。

そのほかにも、高速を走るたびに飛び石によるキズが増えます。 FRP自体が硬いので、石跳ねしたところの塗膜が欠けて白くなるのです。 これを気にしていたら高速なんか走れないので、まとめてタッチアップするようにしていますけど、、、。 いずれにしてもデルタのFRPバンパーは角の部分に補強を当てておいたほうが無難ですよ。 とくに取り付けでブラケットに差し込む時に叩いて入れたりするとやってしまいがちです。

コメントする

デルタって大きいなぁ

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

今日は朝からデルタを乗り回しておりました。 1年でいちばん快適に乗れる時期ゆえ、こんな天気の良い日に乗らないのはもったいないです。 相変わらず再始動困難病は完治していませんが、なんとなく原因はつかめてきました。 こんな日は、車好きな方たちにとって同じ思いなのでしょう、、、。双葉のSAで348が2台、MGBが1台、そして八ヶ岳のPAで給油をしようと止まっていると、視界に黄色い車がスーッと入ってきました。 それがこのストラトス。じつは数年前に伊那サーキットで一緒に走ったことがあったので、オーナーさんとは面識がありました。9月に富士で開催されたトリコローレでもこのストラトスが止まっていたのですが、オーナーさんにお会いできずじまいでした。1時間ほどお話をさせていただき、連絡先を教えていただいてお別れしました。

日も暮れてきたので小淵沢で降りてローソンでUターンをしようと止まっていると、目の前をストラトスが夕暮れの山へ向かって走っていきました。 いやぁ~・・・カッコいい! しかし、ストラトスと並ぶとデルタって大きいですね(苦笑) ストラトスのコンパクトさをあらためて感じたのでした。

ガレージに戻ってフォグランプの配線が垂れ下がっているのを見つけてバンパーを外して、ついでに気になっていたライトポットの配線を補修してます。 久しぶりに点灯させたら1灯だけバルブ切れしてましたし・・・。 しかし今日は良い日だったなぁ~

コメント(2)

Betaの時計

投稿者: kimkim, カテゴリー: ガレージ

ツールもBetaでそろえていきますが、周辺グッズもできる限りBetaでそろえたいところです。ネット通販でBetaの壁掛け時計を見つけたので、さっそく購入してみました。 なかなかいい感じです。

コメントする

衝動買い

投稿者: kimkim, カテゴリー: ガレージ

工具は必要なぶんだけそろえて買い増しして・・・そんなつもりでいましたが、今回も安売りに釣られてドライバー26本とラチェットハンドル、スピンナーハンドルを各1本ずつ。 ドライバーだけで40本以上は集まりました。 ほとんどディスプレー化しております(笑)

まぁ、あれですよ・・・ろくに乗りもしないのにハイスペックな車を所有するのと同じ(苦笑) 本当に必要なのか?なんて真面目に考えるとアホらしくなります。 趣味なんですし・・・工具もコレクションなんですから(汗) 某米国ツールと違って財産になるような代物じゃないかもしれませんが、まだまだ欲しいツールは山ほどあります。

コメントする

キングギドラ

投稿者: kimkim, カテゴリー: アクアリウム

そうそう、ヨスジリュウキュウスズメダイと一緒に、こんなやつらも入れました。 水槽に入れてから撮影しようと思っていましたが、ライブロックの裏に陣取ってしまい、一向に出てくる気配がありません(苦笑) なので水合わせをしているときの写真です。 名前のごとくオオウミウマはタツノオトシゴの中で最も大きくなる種類でして、体長20cm以上にもなります。 すでに1匹が黄色くなりかけていますが、繁殖期になると色が変わることもあるそうです。 ペンタゴン水槽に発生する甲殻類を餌にしてもらい、無給餌で頑張ってみます。

コメントする

ヨスジリュウキュウスズメダイ

投稿者: kimkim, カテゴリー: アクアリウム

ここのところ近況を書いていなかったアクアリウムネタですが、便り無きは無事な証拠でして・・・(笑) いたって順調です。 ペンタゴン水槽も共存ということを考えると、入れられる魚が限られてきました。気の強いクイーンとアフリカヌスが大型化したので、たぶん今後はヤッコの追加をすることはないでしょう。 そんなこんなで、大型ヤッコとデバスズメ50匹にも対抗できる魚はルリスズメくらいなのですが、やつらは凄まじい殺し合いをするので敬遠しました。 そんなこんなでしばらく魚の追加はしていなかったのですが、先日はショップでヨスジリュウキュウスズメダイをみつけてしまい、10匹を持ち帰りました。 ミドリイシを隠れ蓑にしてたくましく泳いでます。

 

 

 

コメントする

不調の原因

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

前回の日記でも書きましたが、4500rpmあたりで糞づまり現象が出ていたので、試走と点検を繰り返していたところ、ようやく原因を突き止めました。コイルのアース不良です(苦笑) こんな配線1本で調子が悪くなるのが車です。 原因の究明に苦労しましたが、自分で解決できた時の喜びは格別です。

今回の車検でありがたいことがひとつあったのを書き忘れていました。 シースルーなフロントバイザーステッカーが、検査員も「スゲー!」と感激の公認です。ただし、次回の検査が通るか どうかは定かではありませんし、地方によって見解が違うので必ず大丈夫とは言えません。 でも、剥がす手間もなくなったし、ほんとよかったです。

 

コメントする

どうしたものか

投稿者: kimkim, カテゴリー: 車ネタ

先日、2台の車を運び込んできました。 1台は我が3298と同じ年式のメイフェアAT、もう1台は20年落ちのVWゴルフ。1991年型のGLIなので1.7リッターである。デルタと同じくイタルデザインはジウジアーロによる傑作なので、斜め後ろから見るとHF4WDか? と思えてくる角度があります(苦笑) なのでその昔、デルタが「ゴルフみたい~、カワイイ」と当時の女の子(もちろん今はオバハン)に言われていたのも納得なのである。

メイフェアのほうはセルモーターがご臨終で不動車状態ですが、簡単に治せるでしょう。あと、ウッドのインパネ周りダメダメなので交換すれば、概観はまだまだ大丈夫。 本当にATというのがもったいない・・・。MTだったら間違いなく乗るところですが、今は少し迷ってます。

さて、写真からはなんの変哲もない普通のゴルフですが、GTIならまだしもGLIの5速マニュアルは15年ぶりくらいに出会いました。 この同じオーナーさんが所有していた2台を比べますと、変速機の形状が逆ならよかったのに・・・と、どうしても言いたくなってしまいます。 趣味車でATの選択肢は無いので、やっぱりゴルフのほうに気持ちが入ってしまいそうです。 それに、芝浦勤務時代はこの同型車であちこちを走り回っていましたから、乗った瞬間に当時の香りがしてきて懐かしさと思い出が甦って、もうダメです(笑)

そんなこんなで、とりあえずしばらくの間は2台ともキープしておきます。 たぶんゴルフは残すと思います。デルタの軟いボディーがよりいっそう際立ってしまうのでしょうか・・・。いまさらながら20年落ちの両車乗り比べインプレをしてみたいと思います。

コメント(2)

« 前のページ  次ページへ »

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。


合計

今日

昨日

 

2011年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930