趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


本物のオーラ

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ


遅ればせながら買いました。 自宅まで我慢できず車中でパラパラ読みをしていたのですが、やっぱり赤マルティニはカッコいいです。 今まで購入した号の記事も多いですが、それでも買う価値はありですね! 微妙な車高、スポンサーステッカーの貼られ方なんか、キッチリではなく、多少は曲がっていたりして。塗装もけして綺麗ではないけど、実戦で剥げたところなんかがそのままになっていたり・・・。そんなところにもコンペティションな雰囲気を感じます。 いまだにこの写真を見るだけで気持ちが高揚するのを感じます。

幾度となくこのネタは書きましたけど、さかのぼること24年前に表参道で遭遇したウグイス色のアルカンタラをした内装のデルタを見たときに、次はこれしかない!と運命的な出会いを感じたのです。 当時は600万(いわゆる乗り出し価格)もの車を購入するなんてことは不可能で、それから憧れの4年間を過ごしたわけですが、そんな中でこの1989年のサンレモラリー1戦のみに投入された赤マルティニほど印象に残っていた車はない。ワシの思い描くデルタの完成形はこの車にあります。 もちろん、本物なんて都内にマンションが買えるくらいの価格だから、到底無理なわけですけど(苦笑)

割り当て台数の奪い合いで、色の選択余地もない状況で50万円の予約金を振り込み「赤が配当されますように・・・」と祈るような気持ちで買った車だから、後悔なんかはしていませんが、もしも今からレプリカよろしく車を作りこんでいくなら赤の16Vを買うでしょう。 そして目指すはコレ!

我がデルタは1992年製造のエボルツォーネ(通称エボ)ですから、今の16V時代のカラーリングは、年代も違えばボディー色でのマルティニラインの合わせも外してます。 普通に考えれば1992年のMARTINIスポンサーの最終型カラーにするか、この1989年にビアジオンが乗った通称赤マルティニカラーにするところでした。 ただ、企画いただいた方の要望もあって、あえて今のマルティニカラーにしたのです。ですから「アイツわかってないじゃん!」と言われてしまうのは覚悟の上です(笑)

ストラトス、037、S4ってのはカッコよくて当たり前ですけど、4ドアハッチバックのなんの変哲もないデルタをここまでカッコよく作りこんだランチアワークスにあらためて敬意を表します。 ランチア万歳!

コメント(2)

  1. ボル爺

    実は、次なるカフェレーサーの素材として、
    ランチアβモンテカルロなんていいかな~
    などと妄想してたりします(笑

  2. kimkim

    ボル爺さん

    どもども、こんばんは~
    βモンテカルロいいですね(^_^;
    ぜひともイタ泥の世界へおいでくださいまし。

    話は変わりますが、わがボルボ(S80)はこの暑さで内装が縮んで接着剤が溶けてます(泣) 尋常じゃないです・・・盆地の暑さ。

コメントする

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。


合計

今日

昨日

 

2011年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031