趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


デルタ25周年

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

ランチアデルタが誕生してから25年が経過した。2011年5月29日にイタリアのテストコースで有名なバロッコにて、ランチアクラブ・イタリアの主催で開催されたイベントの記念バッジ。それにしても四半世紀だ・・・。当たり前だけど「オギャァ!」と生まれた子供が25歳になっている。 ワシのデルタも来年で20周年になるのだけど、きっと1986年からデルタに乗り続けている方もいるに違いない。

デルタという名前はランチア社創設まもないころからモデルにあったそうですが、5ドアハッチバックスタイルの原型は、じつは1979年にFFでありながらVWゴルフの対抗車種として登場している。だから本当は生誕32周年なはずなんだけど・・・。インテグラーレというグレードができてから25周年という意味なんでしょう。

アウレリオ・ランプレディが設計したランプレディユニットと呼ばれるエンジンは、化石みたいに古いエンジンなわけです。でも、基本的に頑丈。 どこかの誰かさんみたいに燃調がメチャクチャだったり、オーバーレブを何度もさせない限り、そうやすやすと壊れる代物ではない(^ ^; そんなエンジンを搭載しているデルタだから、乗り味ってのは当然ながらラフな感触が目立つのが当たり前。

このアウレリオ・ランプレディ氏は、1989年6月1日に亡くなっている。 1989年といえば、WRCにおいてデルタが最も強かった年で、16Vヘッドを搭載した通称赤マルティニがデビューした年でもある。 そして、12年にわたって我が忌まわしき魔の6月事件が続いたのも、因果関係があるのではないかと思えてしまうのです(苦笑) まぁ、オタクっぽい理由もできたことですし、これからもアウレリオ・ランプレディの没月として、6月にはデルタに乗らないようにします。(笑)

コメントする

会社の水槽

投稿者: kimkim, カテゴリー: アクアリウム

会社の入り口で皆様をお出迎えしているこの水槽を立ち上げて20ヶ月が経過しました。 美観よりも安定を求めた結果、ミドリイシは取り出され、カルシウムリアクターも取り外し、プロテインスキマーだけでろ過を行っている水槽です。 ウールマットすら使っていません。

それでも4本維持している水槽の中ではピカイチの安定性で、自宅の水槽で死にそうになったセンジュイソギンチャクも息を吹き返し、今はカクレクマノミの住居になっています。センジュイソギンチャクは水槽の中を徘徊し、他のサンゴや生物を駄目にするリスクもありますが、流れや光の当たり具合で気に入った場所を見つけると、ほとんど動きません。人の手で定着場所を決めるのではなく、イソギンチャクに選ばせるしかないのだと痛感しました。

水槽を立ち上げてすぐに入れたフリソデエビは、高額なハワイ産ではなく、セールで購入した近海物。 ヒトデしか食わない偏食で有名なエビです。あんなに小さかったのに、毎週ヒトデを一匹たいらげるのであっという間に大きくなりました。 ペアで仲良くいつも一緒です。 最近は餌代に悩まされるほど食うペースが早くなりました(^ ^;

最後はモンガラカワハギ。 小指の第一関節くらいの大きさで購入して、一番最後に入れたのに、あっという間に大きくなって、いまはキイロハギやナンヨウハギを追い越しました。非常に気性が荒く、餌を与えると他の魚を蹴散らして一人食い(苦笑) ただし、一般的に言われているように他の魚を襲うことはなく、ナンヨウハギもキイロハギも、今のところは無事(笑) でも、そろそろ指なんか噛まれると、肉ごとえぐられそうな大きさになってきたので取り扱い注意かもしれません、、、。 ライブロックのかけらや貝殻を集めてくる意味不明な行動をとるようになってきました。 いつかはこの水槽から出さなければならない候補NO1です。

 

 

コメントする

  

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。


合計

今日

昨日

 

2011年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031