趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


チタンマフラー完成。

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

今回の一番の目的は軽量化。とは言うものの、サーキット走行をしなくなって2年。何のための軽量かなのかは自分自身でもようわかりません(笑) 「車は軽くしなくちゃ!」という観念に引きずられているだけなのかもしれません。 もうひとつの理由は静かな音量で右出しにしたかったこと。 サイレンサーレスで右出しになる通称サーキットマフラーも所有はしていたのですが、フロントパイプに触媒を持たないEVOIなのと、エンジン内部にも手を入れ、ハイカムやらエキマニを入れたためでしょうか? 同じマフラーな他のEVOIと比べて、あまりの大音量ゆえ装着することを断念しました。 中間にサイレンサーを設けるなどの小細工もしましたが、無駄な努力でした。

ということで、出来上がったチタンマフラーです。中間には、今まで使用していた触媒とステンレスのサイレンサーを取り付けたので、重量は半分にまではなっていないでしょうけど、かなりの軽量化になってます。 本題から逸れますが性能云々は別として、何度見てもデルタのリアリンク機構には惚れ惚れします。 ザ・サスペンションシステムって感じ(笑) せっかくなので再塗装してビカビカにしてやろうと思います。

フロントパイプ~センターパイプの繋ぎは差し込み式。 スプリングでテンションをかけて固定してあります。4ピースほどの点数になっていますが、触媒以外は全て差し込み式です。分解が楽ちんかも(笑) 欠損→脱落→紛失のプレスト製ロアバーの後ろ側もチタンで製作してもらいました。 以前のものはエンジンマウントボルトよりも出っ張ってましたが、今回のはボルトより高い位置をキープ。 この微妙なクリアランスこそ、現車あわせの一品モノのよき事かな。 これで引っ掛けて紛失することもないでしょう(笑)

リジットカラーはこのような位置に取り付けます。 クロスメンバーの無いデルタでどれだけ効果が期待できるかは完成してからのお楽しみですけど、まぁ、お手軽チューンとして良いかも。 理論の説明はYouTubeで見てください。 見た目で明らかにわかるアフターパーツも良いですけど、こういうパーツが今後も出てきてくれるといいですね。 すでに装着が終わっていて、完成後の走行が楽しみです。

あとは大型オイルクーラーの取り付けと、ルーフベンチレーターのフラップを作り直してもらって終了です。今年も魔の6月に乗ることも無く、こうやってやり過ごしたのでした(笑)

コメントする

  

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。

 

2011年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930