趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


仕事場

投稿者: kimkim, カテゴリー: MINI COOPER, デルタ

ドライバーズシートに座った時に何を求めるのかというのは、人によって異なると思う。ラグジュアリーな空間で、シートや手に触れるひとつひとつのパーツにこだわりを求める場合もあるし、無機質なアルミやカーボンに包まれて、スパルタンな雰囲気を好む人もいる。

いずれにしても、街中を走ろうがサーキットを走ろうが、ドライバーズシートは「仕事場」 同じ車でも全く違う雰囲気に仕上がっていたり、それがまた面白いところでもあります。 さて、今年は何をしようか・・・(笑)

コメントする

ある晴れた昼下がり

投稿者: kimkim, カテゴリー: 未分類

晴れてないし・・・牛じゃなくて象だけど(笑)

こちらの都合ばかりでやっと調整がつきまして、久しぶりに手を加えるためにデルタを預けました。 今日ならギリギリ土砂降りにあわないで済んだかな? 極東開発フラトップに初乗り!(笑) やはりベッドはフラットになったほうが載せるほうとしては気楽で安心。 さぁ、勇ましくなって帰っておいで。

コメントする

なんちゃってね

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

リアゲートもファイバー製に交換したいところですが、重量からするとガラスの重さがほとんどで、ボンネットを交換した時ほどの効果は得られないと思います。 なので、本体よりもガラスをアクリルに交換したほうが費用対効果は大きいのかな? ただ、リアワイパーとか、エンブレムを取り去った痕とか、そういうのをサッパリ無くすことが出来るのは良いことです。

さて、法改正により突起物扱いになってしまい、車検取得時に指摘される可能性が高くなったボンネットピン。 平成29年まで猶予されたとか、そもそも平成21年1月1日以降に登録された車にのみ適用だとか、話はいろいろありますが、いずれは規制の対象になるのでしょう。 まぁ、その時は何か方法を考えます。 で、これはフェイクです(笑) 通販で1200円だったからシャレで取り付けてみました。 本物を加工して製作していると思うので、触っても偽物かどうかはわかりません。 リベットは例のごとく頭だけ切り取って接着しただけ(笑) ボンネットは本物だけど、リアゲートはフェイク。

ただ、こんなものひとつでリアの雰囲気がガラッと変わります。

 

コメントする

MARTINI いろいろ

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

まずはフラッシュメモリー。 そういえば容量はどれくらいだっけ?(笑) まぁ、買ったけど実用には考えていない証拠です(笑) ラバーの触感が良い感じです。

お次はポストイットセット。 ピンボケ写真ではなくそういう撮影がされたものです(笑) これまた、実用性はありますが実用に使う気は全くなし(爆)

あとは以前に購入したバナーが再入荷していたのでもう1枚。

まだまだコレクションは増えます。

コメントする

いろいろ

投稿者: kimkim, カテゴリー: MINI COOPER

いただき物で進化を続けるミニです(笑) ここのところいろいろなパーツが装着されたのですが、今回はルーフキャリアとフェンダーモール。 ミニでホームセンターへ買い出しに行って、何度も搭載できない大きさの品を買ってしまった経緯もありまして(苦笑) ミニのルーフキャリアにはタイヤの搭載本数が基準になっていて、2本積みと4本積みの2種類があります。 これは4本積みのタイプで、吸盤とベルトで固定します。 こんなんで大丈夫なのだろうか・・・。

フェンダーモールは銀ピカの樹脂製。いろいろな車があれど、オーバーフェンダーにまでモールを装着する車はミニくらいでしょう。 いやはや、取り付けに苦労しましたが、コツをつかんでしまえばたいして時間のかかる作業ではありません。 ヒートガンがあれば作業もはかどりますが、無くてもできます。

あとはルーフキャリアにモンテカルロラリーのプレートでも貼り付ければ良いのでしょうけど、それじゃあ定番過ぎるので、ちょっと違うのを思案中です。また近いうちにご報告します。

 

コメントする

100ℓ

投稿者: kimkim, カテゴリー: アクアリウム

ペンタゴン水槽の水替えについては、交換する容量をいろいろなパターンで試行錯誤をしつつ、ようやくサンゴと魚たちが調子を崩さないサイクルが決まりつつあります。 毎日20ℓの交換をしてみたり、3日に一度にしてみたり、週に一度だけにしてみたり。 このへんの加減は飼育している生体の数にもよります。とくに魚が多い水槽では頻度が増します。

ちなみに、ハタゴイソギンチャクとカクレクマノミのペアしか入っていない600mmの水槽は、3ヶ月以上も足し水だけというサイクルです。それでもスキマーは週に一度は掃除をしないと汚れが溜まってしまいます。 放置しても調子を崩さない水槽もあれば、毎週交換をしても調子を崩す水槽。 なんとも気難しいところがあります。

さて、そんなことで魚も増えてミドリイシも多くなったペンタゴン水槽の海水交換は毎週100ℓということになりました。 20ℓのポリタンク5個に、海水を作って運んで・・・という作業を繰り返してきたのですが、手間がかかるし腰への負担も大きいのです。 そこで、農作業用のタンクを台車に載せて、一気に100ℓの海水を作り、ポンプで供給をする方法にしました。 もともとこの水槽のシステムには排水をする配管もなされていたので、交換作業が楽になりましたよ~

コメントする

8年後の際会

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

さかのぼること8年前。カーマガジンの取材を受け、マルティニカラーに施工をしてもらった時のことだった。 施工をしてくださるKさんの奥さまが所有してい たマルティニレーシングスートリーという本を参考にしながら88年~92年までのカラーリングを参考にしている最中だった。 じつはこの本、8年前にも かなりのレア品で、書店では手に入らない状態だった。 ワシもつい先日になってやっと入手できたのは先日の日記でも書いた通りです。

それをこともあろうか、ページをめくる際に「ビリッ」という音とともに破いてしまったのだげっそり ご本人は「いいですよあせあせ」 と笑い顔で許してくれたのだが、ワシは申し訳なくて、当時デルタのリアゲートに貼り付けていたMiki Biasionワールドチャンピオンメタルプレートを剥がしてKさんにお詫びとして手渡したのだ。 その後、ビアジオン氏と直接会えて、ボンネットや室 内にサインまでいただき、自称ビアジオン仕様になったのに、あのバッジが無いのはさみしいなぁとは思っていたがく~(落胆した顔)

時 は過ぎ8年後、このあいだはマルティニレーシングスートリーの書籍を入手し、昨日はイタ雑さんのWeb更新を観ていて自分の目を疑いました。 速攻でネッ ト注文を入れて、念には念を入れて確認の電話もしました(笑) このバッジも本日手に入れることができました。 ビアジオン発注のリプロダクト品のようで すが詳しくはイタ雑さんのWebをご覧ください。 何か縁というか・・・そういうものを感じます。

さて、注文して翌日には手元に届いたので、さっそくデルタに取り付けてみた。 当時と違ってボディーには貼る場所が無いので、センターコンソールに限定車のプレートっぽく両面テープで貼り付けてみました。

ネジ止めしてあるように見えますがお得意のフェイクです(笑) ネジの頭だけ切り取って貼り付けてそれらしくしてあります。 自家製限定車ですけど、いちおう国産メーカーなんかが出してくる、ちょっとステッカー貼ってシートに刺繍が入る程度よりも、本人に書いてもらったサインもあるし、それっぽい(笑)ワシのデルタにはできないのですが、本来であればグローブボックスの蓋に貼り付けたいところですかね。

コメントする

それぞれの成長

投稿者: kimkim, カテゴリー: アクアリウム

水槽ネタは久しぶりですね。
とくに生体も追加していないので維持がメインです。
ヤッコたちの成長が順調で、水槽も安定しています。


クイーンエンゼル。左が現在で右が昨年の9月です。


アフリカヌス。左が現在で右が昨年の6月です。

アズファーは先月4月15日に入れたのでまだまだ新入りですが、上の二匹に臆することなく、たくましく泳いでます。こうなればもう安心。

クイーンエンゼルの成長が早いことがわかっていただけると思います。その反面、アフリカヌスとアズファーの成長はゆっくりです。これ以上魚を増やすとミドリイシが駄目になりそうなので、様子を見てます。

 

 

コメントする

いただきもの

投稿者: kimkim, カテゴリー: MINI COOPER

以前にもモトリタのステアリングやシフトノブなどをいただいた知人から、またまたミニのパーツをいただきました。 プラグコードとペダルセットとルーカスのミラーです。

プラグコードはスペアパーツとして、ペダルはすでに装着しましたが、ミラーのほうは板金塗装が必要なのでボディー塗りなおす時にでも検討します。それまではガレージのミニエリアでオブジェとなってもらいましょう。 どうもありがとうございましたm(_ _)m

コメントする

GW総集編

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

自分で塗装をしてからはや7年くらいが経ち、走っているときも一番前で頑張っているので飛び石や昆虫のヒットも激しく、塗装が剥げたり傷みが出てきたので連休に補修をしてみた。 ライトポッドを取り付けているおかげで、ボンネットやフロントウインドウへの飛び石は皆無に等しい。さて、以前の塗装は市販の缶スプレー塗料だったけど今回は我がデルタ用に調色していただいたもの。全塗装をするわけじゃないので、これだけの量があればタッチアップや補修、後で購入したパーツの塗装などをするには十分。 硬化剤が入っていないので、必要な分だけ自分で調合して使い切る。

以前は一日で仕上げまで終わらせていたが、今回は述べ3日に渡って塗装をしてみた。角の部分を黒く塗るのは、ヘッドライトの反射を防ぐためだったとか・・・。そういう実戦で採用されていたと思えることは忠実に真似をします。 今回は色もボディーとバッチリ合ったし、硬化剤の配分もちょうどよく、前回のリアスポイラーみたいに硬化しないという失敗も無し。

さて、エアコンレスのデルタに乗れる貴重で短い季節なので、走り回ろうかとガレージへ行くと完治したと思っていたクーランと漏れが再発。先月はリザーバータンクからの配管でしたが、今回は別の場所っぽい。 下周りに寝転んでしばらく様子を見たり、上からあちこち触って確認するうちに、わずかに 湿った感触があったので場所の特定ができました。ウォーターポンプへの配管のジョイント部からの漏れでした。  シリコンホースが劣化しているわけでもなく、おそらくパイプとの当たりの悪さだろうと・・・。 ホース バンドで締め付ける場所を変えたら漏れが止まりました。現在も経過監視中です。 大事でなく良かったです

せっかくバンパーを外したので気になっていた部分を補修。皆さんのデルタもライトの枠と擦れてしまっているケースがあると思います。塗装でタッチアップし ても、擦れて剥げてしまうことを繰り返すでしょうから、0.5㎜のPP板を切ってバンパー側に張り付けただけ。ちょっとだけ大きめに切ってやれば、見た目 にもそんなにわかりません。

まだ不具合は続きました。続くときにはいろいろ出るものですね(苦笑) 今度は室内がガソリン臭いと思ったら、リアに設置しているコレクタータンクからガソリンが滲んでました。 蓋の部分を締めているネジの緩みか、はたまたOリングが痩せたためなのか・・・いずれにしても増し締めで直りましたので良しとしましょう。 バキュームホースもMoTeCの大気圧センサーへ繋がる部分と、ブーストメーターへの配管がご覧のとおり(汗) 頻繁に動かしていても、こういうことはしばしば起こりますが、こんなにあちこちのホース類がダメになったのは初めてです。

ということで、一部は連休前からの不具合でしたが、やっとのことで連休最終日に乗り出せるようになりました。 ライトポッドは近いうちにHIDにするため、しばらく外したままにするのでガレージの壁に。 そして、少しだけ広くなったガレージに、ミニのコーナーができつつあります。 ということで、あっという間にGWが終わってしまいました。

 

 

コメントする

« 前のページ  次ページへ »

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。


合計

今日

昨日

 

2011年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031