趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


正常に戻ったかな

投稿者: kimkim, カテゴリー: アクアリウム

地震直後、停電により水槽の機能が4時間ほど止まった時には、どうなることかと思いました。大きな水槽というのは、機能が停止しても温度の低下もゆったりでしたし、含有酸素量も半日くらいなら大丈夫な感じがします。水量が多いぶんだけ良い方向へ働いてくれたのだと思います。
いま思えば、毎月2回の産卵を繰り返していたカクレクマノミも、今月は一昨日になって初めて産卵をしました。環境の変化を察知したのでしょう。 そう考えると、カクレが産卵をしてくれたことにより、地震のほうは終息したと考えてよいのかもしれません。まだまだ原発の問題は深刻ですけど。

コメントする

お品書き

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

オイル交換の距離とかをガレージに書いておこうとメニューボードを買ってきて書いていたら、5行くらい書いたところで「何か書かせて!」と娘が言ってきた。
「イタリア語だぞ・・・」
「へぇ~・・・そうなんだ」
デルタのイタリア語版の取扱説明書を見ながら、油脂類の容量などを娘が書いてくれた。中学生のようなことをやり始めた親父と、中学生のくせに大人の気持ちを察した娘。
娘の書いたものは、たとえ壁の落書きであろうとも消せないのであった(笑)本来の目的と違うものになった気もするのだが・・・。
まぁ、いいか。

コメント(2)

排気システム

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

さて、いつまでも自粛モードというわけにもいきませんので、そろそろ通常更新に入らせていただきます。
ワシのガレージは完全クローズではないものの、デルタの暖気運転をするときなどは、目がチカチカするくらい排気がこもる場合がある。それが各階の部屋へ充満して「臭い!」と迷惑がられることがしばしば、、、。 受験生となる娘に何を言われるか恐ろしいので、排気システムを考えてみました(苦笑)
とは言うものの専用の排気システムは非常に高額で、とてもじゃないけど手が出せない。それに、近い将来にはこのガレージの改装を予定しているので、設置をしてしまうと後々困る。 ということで、排風機とアルミダクトなどを組みあわせて自作をしている最中であります。
かなりの長さのダクト長になってしまいますが、すでにその効果は試験済みでして、ガレージの中が全く臭くありません。あとは排気部分を延長して完成。費用対効果の高い久しぶりの達成感のある仕事でした(笑)

コメントする

ご報告

投稿者: kimkim, カテゴリー: アクアリウム

水槽のほうは無事だとか書きましたが、崩壊するほどの被害は無かったものの、ペンタゴン水槽の・・・いや、ペンタゴン水槽に限らずとも水槽の弱点が出てしまいました。
 
まずは、長く続いた横揺れによって、水槽の水が左右に揺れ始め、ものすごい勢いで一気にこぼれます。たぶん30リットルか50リットルくらいだったと思います。これにより、水槽の近くにおいてあった電源タップ類やメタハラの安定器に海水がかかり、安定器2個がダメになりました。 メタハラの安定器は一見防水のように見えますが、じつはそうではなくて意外と簡単にダメになりました。 これの出費が痛かった! 海水のかかったタップなど怖くて使えませんから、こちらも交換です。
水が溢れる原因は水槽の縁がないこと。 別の場所に設置してある1500mmアクリル水槽は縁の部分が10cmほどあるので、水が跳ね返って一滴もこぼれていませんでした。ペンタゴン水槽には対策をしなければなりません。ちなみに、ガラスの蓋などは全く役立たずです。 まぁ、震度5であの状況ですから、それ以上なら水槽本体が持ちこたえてくれるかどうかも解りませんけど。
当たり前の話ですが、水槽台の高さも低いほど安定がありますね。背の高い水槽は見栄えはいいけど、地震の時には転倒崩壊しそうで怖いです。 今後も計画停電により、とくに夏場は厳しい維持状況が続きますが、発電機をライフラインになんとか維持したいと思います。

コメントする

今回も無事です

投稿者: kimkim, カテゴリー: その他

昨晩の富士宮を震源とする地震でもこちらは無事でした。立て続けに震度5を体験すると、さすがに揺れに対して敏感になります。朝目覚めて、何気ない光景に安心感を持てるのは、本当に幸せなことだ。 それと同時に、被災地の方々に対して自分にいま何ができるのかを真剣に考えたい。
今朝は初の計画停電により、午前6:40分から3時間の停電でした。 あらかじめ用意しておいた発電機や燃料で、なんとか会社のライフラインは確保して、通常通りに仕事をしています。 いろいろ決断をしなければならない場面もありますが、騒ぎに便乗して不安を煽るような輩も多い。社会に貢献する仕事だと思っているので、精一杯会社を平常どおりに運営することに精力を注ぎます。
テレビやラジオから入ってくる情報でさえ真実かどうかわからないのにメールで「何時から停電になるよ!」というような情報は必要ない。むしろ、騒ぎを面白がって煽り立てる輩のような気がしてならない。 自ら混乱を招いているという自覚が無いから困るね。 親切とお節介の区別を考えるべきだ。自分は人よりも早く情報を掴んでいる!という自負が招く、負の行動だ。早く気がついて正して欲しい。
なにはともあれ、会社、家族、その他もろもろ無事です。水槽にはヒヤヒヤさせられていますけど。

コメントする

皆さんご無事ですか?

投稿者: kimkim, カテゴリー: その他

大変な事態となりました。今回の地震で犠牲となった方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々の無事をお祈りします。
こちらは震度5ながら、停電が明け方まで続くような地域もあり事態の深刻さを感じておりましたが、一夜明けてだいぶ落ち着きました。 家族・会社・その他もろもろ、こちらに登場する物体や生物は無事です。

コメントする

LEDのポジション球

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

デルタにHIDライトを導入されているオーナーは、すでにLEDのポジション球を取り付けている方が多いかもしれない。HIDの白色光にぼんぼり色のウエッジ球は違和感がある。
ワシも白色に近いウエッジ球を使用して、微妙に色を合わせたりしてみたが、やはりLEDのようなわけにはいかない。今回は球切れしたこともあり、カーショップへ出向いた時に、偶然にも”輸入車用”のパッケージに目が留まり、まんまと餌食になってしまった。 普通の電球なら数百円のところ2個で8千円だ(苦笑)
以前にもLEDを入れてみたことがあったのだが、回路に抵抗を入れていなかったので、球切れ警告が誤点灯してしまってダメだった。 これはそういう問題がない抵抗回路組み込みタイプ。簡単に交換だけすれば・・・と思っていたが、+-の区別があるみたいで、入れ方によっては点灯しないし発熱するしで、ちょっと焦った(笑) まぁ、夜間の面構えは凛々しくなったかもしれませんね。

コメントする

MARTINI RACING STORY

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

自称マルティニコレクターとしては外せないアイテムですが、ずいぶん前に書店で見かけて以来、なかなか出会うチャンスもなくて、とうとう手に入れるのが今日に至りました。
1970年代のポルシェとのスポンサー契約に始まり、1996年までのツーリングカーレース(ITC)に参戦したアルファロメオをスポンサードするまでの写真集といった感じの本です。贅沢にも全てがカラーページ。
 
裏には税込みで120,000リラと書いてありますが、日本での販売価格は12,000円くらいだったそうです。オークションでもっと安く入手したのですが、今後はプレミアもついて高価な本になりそうな気がします。

コメントする

イタリア語の看板ほか

投稿者: kimkim, カテゴリー: ガレージ

ガレージグッズも収集をはじめると、だんだんと裾が広がってきますね(苦笑) 基本はイタリア語の看板系統なのですが、なんとなく気に入ったものやイタリア車のスポンサーになった系統はミシュランを筆頭に手を出してます。カンパリのグッズは意外と多く、いままではマルティニを裏切るようで躊躇をしていたのですが、何か吹っ切れてしまいました(笑) ガレージの日除け代わりに使うつもりです。
グッドイヤーの飛行船型バルーン。世田谷ベースっぽいアイテムですが、なんとなく気に入ったので、、、。あと、古いランチアエンブレム系のモノも、そろそろ手を出しておかないとなくなりそうな気がしてます。
今回は久しぶりにイタリア語の看板に新種が入ったのでまとめて購入。左上から「注意危険」「ここでの飲食禁止」「消火器」「労働時間」「常時目の保護」なんとなくトレビの泉周辺で見かけたようなものも含めて、ガレージばかりではなく室内でも使える品が多い。会社や公共の場所では読めなきゃ意味が無いけど、プライベートで掲げるなら洒落で。

コメントする

いろいろ

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

 
イワセさんから75mmのスタットボルトが届いたので、リムーバーまで用意して気合を入れて作業に取り掛かったのですが、拍子抜けするくらい簡単に終わってしまいました(苦笑) リムーバーを使用すると、ご覧のようにネジ山が潰れてしまうので、ダブルナットで外す方式のほうがいいのでしょうかね? まぁ、再利用するようなことも無かったので良しとします。
リアゲートのダンパーがダメになって、ギロチン状態なので部品交換を済ませた。純正品は入手できなかったので、代替品にて対応する。写真で見て解るとおり、代替品(上)のほうがシリンダ部分が長くて強そうに見える(笑) 純正、代替品ともにメイドイン・ジャーマニー。
閉まる時にガラスが割れるんじゃないかと思うほど「バタン!」と閉まるようになってきたら要注意。そろそろ交換時期だと思ったほうが良いでしょう。ワシの場合は開けた状態で保持してくれなくなりました。作業はいたって簡単でしたが、つっかえ棒を用意するか二人で作業をしたほうが安全ですし早く終わると思います。
 
両側のボールジョイントは、このような金具で止められています。将来的に折れてしまうとか、スペアパーツとして取り置く必要も無いと思いますが、それでも万が一のことを考えて、何でもパーツボックスに放り込んでおきます。おそらく部品単体では出てこない気がしますし・・・。
洗車もしたかったし、庭へ引っ張り出したついでにオイル交換。その後、久しぶりに試運転をしたがアイドリングがバラつくし調子が悪い。しまいにゃ異臭までしてくるようになったので、あわててガレージへ引き返す。 あちこち点検したら、4番プラグの締め忘れ(苦笑) 相変わらずやることなすことどこか抜けてますな。
最後にルーフベンチレーターの開閉レバーを、ウインドウレギュレーターハンドルで製作。いままでのダイアル式だと出っ張り部分が多くて、乗り込むときに頭をぶつけてばかりいた。これで大丈夫だろう、、、。
 

コメントする

« 前のページ  次ページへ »

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。


合計

今日

昨日

 

2011年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031