趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


久しぶりに乗りました(苦笑)

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

2011年の初走行。そのように書くと大袈裟だが、もちろんサーキットでもなく普通の道だ。巷ではハイブリッドカーが交差点に並ぶ時代、けたたましい排気音と生ガスの香り・・・なんとなく罪の意識(苦笑) こういう車が走れる時代は、あとどれくらいなんだろう? ワシらの世代は有鉛ハイオク車絶滅の時代を知っている。ガソリンスタンドから有鉛ハイオクが消えていくなかで、1980年代の終わりごろから、バルブシートを打ち替えたり、いろいろな対策をして生き残った車たちがある。いつかそんな日が来るのだろうか、、、。
さて、年明け早々にプラグコードを交換し、走ろうと思ったらバッテリーがダメ。何度充電してもクランキングを2~3回するとセルが回せなくなる。ということで新品を手配。真ん中が今回届いた新品。右端が10年使用した正規品のPC1200で、左端は重量で9kgも軽いサーキット走行用のPC680。じつはこのPC680も10年選手なんです。 正規モノと並行物の違いは色で区別されますが、性能に違いはあるのでしょうか? いろいろ調べましたが、なんだか大差が無いような気がして安価な並行物を買いました。
もうひとつは走行距離は1000kmにも満たないけど、半年以上が経過しているし、先日の始動困難によってずいぶんとシリンダー内にガソリンを溜めてしまった。オイルに混入したと思うので思い切ってオイル交換をする。最近はWAKO’sの4CR。なんとなくエンジンが軽く回る様な気がするので(笑) 5リットルで1.7万円という高価なオイルだが、この車で妥協はしないつもり。
いずれにしても、どうせろくに乗らないのに2011年の初めから結構な出費になってしまいました(泣)

コメントする

車検です

投稿者: kimkim, カテゴリー: MINI COOPER

昨年の7月に譲り受けて、新年早々に車検です。そういえば、たいして乗ってもいないのにデルタのほうも車検だった(泣) この半年間で結構な整備メニューを消化してきたので、基本整備だけで車検が通せると思っていたのが甘かった。
預けてからガレージに戻ると、床には透明なオイル溜りが・・・。 原因はクラッチマスターだった。そのほかにもヒーターが効かない不具合など、まだまだ定番メニューは目白押し(笑) 新車から乗っているわけではないので、一通り出尽くすまでは次の予測もできないのであります。

コメントする

プラグコード

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

ご覧いただいてわかるとおり、わがデルタはコイルの位置がバルクヘッド側に移設されている。 ゆえに市販のデルタ用のプラグコードでは長さも合わないし届かない。ということで、長さを調節してコイル側のコネクターを自分で作成することができるMSDのプラグコードキットで作成しました。
 
点火系をEVOIIに変更してあるので、コイルからデスビへの1本は使用しません。専用のカシメツールも付属されていますので、バイスで簡単に作成することができました。

コメントする

2011年のメニュー

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

この数年間は走行距離も伸びず、ガレージで佇むことが多かったデルタですが、車というものは動かさなければ不具合が出ないかというとそういうわけでもなく、放置したらダメになるパーツも多いのであります。いずれにしても費用はかかるわけで、走ろうが走るまいがオイルも劣化するし、減らないのはブレーキパットくらいですね。 新たにスロープも用意して準備は完了。 あとは気力だけです(笑)
 
2011年は経年劣化をしているであろうパーツを予防整備と題して交換です。まず手始めにプラグコードとブレーキホース。足周りのブッシュ類なんかもヘタっていそうなので交換しておきましょう。 そういえばたいして乗ってもいないのに今年は車検です。あわせて、ミニのほうも今週で車検が切れるのでダブルパンチです。(泣) ますます費用対効果の少ない不経済な車になっていきます(苦笑)

コメントする

散歩三昧

投稿者: kimkim, カテゴリー: ジーナ


飼い主も食っちゃ寝生活なので運動も兼ねて正月はジーナとの散歩が日課だった。真夏のバテバテな様子からは想像もつかないくらい元気で、やっぱり犬には冬が嬉しい季節なんでしょうね。1.5時間くらいの散歩じゃもの足りない様子です。 生後19ヶ月なので容姿もすっかり大人になりました。ワシのTシャツがちょうどいい感じ・・・。
 

コメントする

チェルブとオセレイトラス

投稿者: kimkim, カテゴリー: アクアリウム

2010年末に、新入りを追加していたのを忘れてました。
チェルブピグミーエンゼル君、最後に入れても十中八九生き残る魚。「水槽の仕上げに入れる魚」と言われている。 ケントロピーゲ(小型ヤッコ)の中でもとくに小さい種類で、一見すると弱いイメージを持ってしまうのだが、まったくの正反対。とにかく根性の座りようといったら凄くて、大型ヤッコのウヨウヨする水槽に入れても、ちょこまかと逃げ回り生存する確率№1だそうだ。
ペンタゴン水槽に入れた翌日にはアフリカヌスかクイーンエンゼルにでも一撃を食らったのだろう・・・尾びれが半分無くなっていた。気の弱いシマヤッコやスミレヤッコあたりだと、この時点で過度のストレスによる拒食症に陥り2日ほどで死亡する。 だが、こいつはスイスイと泳ぎ回り、平気で餌をパクついている。 そういう根性の持ち主なので小さいくせに最初に水槽に入れると、後から入れる他の魚を虐めて始末に終えないヤツらしい。 だから仕上げ(最後に)入れる魚ということ。
それから2週間が経ち、すっかり尾びれも元通り。ライブロックの隙間をチョロチョロと泳ぎ回って生き抜いた。写真撮影が困難なくらい動きが素早いので、もう大型の魚にやられることもないでしょう。
もう1匹はオセレイトラス。ベラの種類には派手なものが多いのだが、とくにオセレイトラスは人気が高い。こいつも凶暴の部類に入るので、とくに小さなハゼやテッポウエビなどの部類は食われてしまうので混泳は不可。丈夫で飼育しやすいのだが、水槽から飛び出し常習犯なので、蓋つきの水槽でないと自殺をしてしまいます。

コメントする

謹賀新年

投稿者: kimkim, カテゴリー: その他

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、昨年は相も変わらず水槽三昧な1年でした。今年も間違いなく時間を割くことになると思います。集大成としてのペンタゴン水槽は仕上げに入りました。妥協を許さず、決めかけていたレイアウトを大晦日におもいきって変更。ミドリイシの中でもテーブルサンゴをメインにしてみました。水槽も安定していますので、今後は生体の成長を見守ることになるでしょう。
ジーナも我が家にやってきて2回目の年越し。すっかり家族の一員となって、存在感も大きくなりました。大晦日と元旦には散歩へ出て大はしゃぎ。夏場と違って犬にとっては過ごしやすい季節・・・まだ2歳にもならないので底なしの体力には脱帽です。
そして、今年は車趣味のほうも仕上げに入るつもりです。なかなか乗る時間が無くなったしまったので、インドアな趣味になりつつありますが・・・。ガレージのほうも新たな計画が立ち上がりそうです。

コメントする

  

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。


合計

今日

昨日

 

2011年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31