趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


ミドリイシ順調

投稿者: kimkim, カテゴリー: アクアリウム

ペンタゴン水槽はいたって順調だ。水量の多さもあると思うけど、水流を生み出すシステムや、ハイパワースキマーの恩恵も大きいと思う。 このシステムを譲り受けて立ち上げてから8ヶ月が経過したが、自分ではじめから機材をそろえていたら、とてもじゃないけどこの水槽は立ち上げられなかったと思う。趣味として楽しむには、それくらい大掛かりなものです。
さて、そんなわけでミドリイシも順調に飼育が始まり、水槽の中も賑やかになってきました。とくに深場ミドリイシを代表するスハルソノイも納得できる色揚がりをしてくれてます。手前の個体は、まだ水槽に入って間もないのですが、写真中央に置いてあるヤツは、すでにライブロックに固着して、成長を始めてます。他のミドリイシたちも順調な飼育が出来ていると思います。デバスズメ50匹を筆頭に、ちょっと魚の量が多くなってしまったので水替えサイクルには気を遣いますが・・・(苦笑)
そして、いま最も注目しているのが外国産のハタゴイソギンチャク。綺麗な蛍光グリーンで、なかなか入手困難な個体です。今までの経験からして、外国産は生き延びてもせいぜい2週間くらいだったのですが、こいつはハンドコート採取ということもあり、いまのところ順調に成長をしています。
来年は、もう一本くらい大きな水槽を立ち上げたいです。

コメントする

最近の入手看板・その他

投稿者: kimkim, カテゴリー: ガレージ

 
ピレリのフラッグと1998年ツールドコルスのラリープレート。ラリープレートはメディアに配られた本物らしい。あれだけペタペタとミシュランのステッカーを貼っていて、ピレリというわけにもいかず・・・(苦笑)もう何年もピレリは履いていません。
アジップガスのスチールプレートは復刻版のような感じですけど、こんなものでもなかなか出てこないので、躊躇していると二度とめぐり合えないかも・・・迷わず落札。 まだまだ探せばWRCやイタリアの看板も入手できそうです。

コメントする

PD 1992年4月号

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

さすがに18年前の雑誌です。開いた途端に昔の香りまで封印されていました。某川崎のショップ(当時は1国沿い)が「エボルチィオーネ予約受付開始!」とかいう広告を出していたり、ミラージュやギャランVR-4などの中古車情報とか見てると、本当に当時の記憶までもが蘇ってきます。
ワシはこの頃、表参道で出合ったウグイス色のアルカンタラな内装の16Vに魅了されて、VWのGTIをキャンセル。すっかりデルタ購入の意思が固まっていた頃です。半年後の10月には購入に踏み切りました。
「割り当て台数の最後ですから、ボディー色がどうのとか内装の色なんか指定できないよ!」 「それと、予約金として50万入れてください」以上が当時の営業さんのお言葉でした。それでも欲しかった・・・。まぁ、そんなバブルも終焉の頃でした。
しかも、10ヶ月の納期を待たされる間に最終モデルのEVOIIが発表されるという、納車もされていないのに型遅れになるなんてのは、今ではあり得ないメーカーの裏切り行為(笑) それでも「ホモロゲーション取得したのはEVOIまでだぜ!」などと、負け惜しみにもならないような理由を掲げて自分を慰めたのでした。さらにその後もジアラとコレッチなどの限定車が登場して、開いた口が塞がらなかったのは言うまでもありません。

コメントする

棺のような

投稿者: kimkim, カテゴリー: ガレージ

チンクのesse esseキット(エッセエッセ)462,000円を購入しないと手に入らない木箱。エッセエッセとはスーパースポーツの頭文字SSをイタリア語で表記したもの。木箱に表示されているアセットコルセは、レース専用という意味でして、デルタには全く関係が無いのですが、妙にカッコいいので捜し求めていました(苦笑)
梱包用の木箱ってのは、本来であれば用済みとなった時点で処分されるもの。 しかし、この木箱は捨てられることもないでしょう、、、。 初めて見たのが2年前、それから欲しくて探してお願いして・・・でもやっぱり、エッセエッセキットを購入するような人は、この箱も欲しい人がほとんどなわけでして。なかなか手に入らなかったのですが、ようやく入手できました。

全部のパネルをあわせるとメチャクチャ重たいので、とても一人では運べないから梱包を解いて一枚ずつ運ぶ。 この箱の良いところは、各パネルが分割できるようになっていること。 しかし、組み立ててしまうと、移動が困難になるのでキャスターを取り付けることにした。 雑誌などの収納を考えると、結構な重量になりそうなので6個を取り付けておいた(笑)
幅1300mm×奥行670mm×高600mmと、水槽のようなスペックを持つ箱です。ガレージに置くとゴキブリをはじめとする昆虫の住処になりそうなので(笑)、室内で車雑誌の収納にでも使うつもりです。 今はとりあえずディスプレー台として置いてます。

コメントする

18年前

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

18年前といえば、デルタ購入の一大決心をした時期だ。26歳の勤め人にして565万(+金利)もの買い物は、まさに清水の舞台話。ラリーという泥臭くて男臭い世界ではなく、イタリア車というミーハー(死後)な方向から購入に踏み切ったタイプの人間なので、こういう雑誌は買っていなかった(笑) まぁ、今でもこの車に対する接し方は、半分以上の割合でイタリア車的な感覚だ。
さて、昨年のこと。わざわざサイレンサーを追加したのに、右出しマフラーへの交換を忘れていた。なにもこんなに寒くなってから思い出さなくていいのに・・・(苦笑)
せっかくなのでBetaのクリーパーも使ってみたが、ジャッキアップをしないと車の下周りには入れない。冷え切ったコンクリートの上で作業をするのは腰に厳しいのだけど、いつものようにマットを敷いて作業をする。 体の芯から冷えるにはこれが一番だ(笑) あとで入る風呂は、冬の数少ない楽しみのひとつでもある。

コメントする

デバスズメの産卵

投稿者: kimkim, カテゴリー: アクアリウム

数日前から水槽の様子がおかしいのである。生体が死ぬとかサンゴがダメになるとかではなく、50匹ほどの群を成しているデバスズメたちに落ち着きが無い。
よく観察していると、背ビレの色が変わったヤツが、近寄る仲間たちを追い払っている。 水槽でいちばん気の強いアフリカヌスや、体格では倍以上もあるクイーンエンゼルも追い払うほどの勢い。
もしかして・・・そう思ってライブロックを観察すると、1匹のメスが産卵しているではないか! カクレクマノミと同じように産卵管を出して、ライブロックにこすり付けるような仕草をしている。 そうか・・・それでオスの気が立っていたということか。
水槽の底から水流が噴き出す正面にウミアザミが群体をなしているのだが、その真下に卵を産みつけた。カクレクマノミは自分のヒレを扇いで新鮮な水を卵に運ぶのだが、デバスズメは流れのある場所に産卵をするようだ。 観察していても卵を守る仕草はカクレクマノミ以上に激しいが、ヒレで水を扇ぐような仕草は見せない。
カクレクマノミの産卵は、相変わらず毎月続いているが、まさかデバスズメまでが産卵をするとは思わなかった。ライブロックに白い点のようなものが見えますかね?写真のメスが卵の周りで見張っている。とくにライブロックをガジガジと齧るカエルウオが宿敵らしく、見つけるや否や電光石火の攻撃をしている。もちろん、他の魚が近づくことさえ許さない、、、。 普段はあんなに臆病なデバスズメが豹変したのには驚いた。

コメントする

カロナビM3

投稿者: kimkim, カテゴリー: FOR SALE

カロナビM3  値段:2万円にて
複雑な機能もなくシンプルです。ナビだけならこれで十分ではないでしょうか。地図と音声がちゃんと目的地まで案内してくれ、吸盤なので取り外しもワンタッチ。3回ほど使いましたがほぼ未使用。取説あり。
取引条件:引取に来れる方。郵送の場合は別途ご負担願います。(現金一括現状引渡し、ノークレーム/ノーリターン)よろしくお願い致します。
ビリー・ノザキさん
東京都品川区
メールアドレス:nozaki8577@yahoo.co.jp

コメントする

ぼちぼち冬眠ですな・・・

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

今日の山岳地では結構な雪で、2011年度の初スタッドレス走行。それと同時に、道路に撒かれている凍結防止剤(エンカル)を見て、デルタを冬眠させる時期が来たのだと感じました。 とは言うものの、今年はほとんど冬眠状態で、あまり変わりはないのですけど。(苦笑)
本当に走る距離が伸びなかった。まぁ、ここのところ遠出をするわけでもなく、数ヶ月に一度くらいのペースでぶらっと近所か近くの山へ乗り出す程度だったので当たり前なのですが、、、。 万全の体制で高価なオイルを奢ったのに、走行距離よりも経過時間で交換せにゃならん時期になってしまったかもしれません。
せめてものお詫びに、磨きに磨いて掃除をして、20周年に向けて更なる一献を計画中なのであります。

コメントする

モトリタ・ステアリング取り付け

投稿者: kimkim, カテゴリー: MINI COOPER

大阪のショップからボスキットやホーンボタンが届いたので、気合を入れて取り付けに臨んだ。バッテリーから端子を外し、30分ほど待ってエアバックのバックアップ電源を放電させます。取り外し中に「ボン!」って誤作動するのは勘弁ですからね(苦笑)
思っていたより簡単で拍子抜けしてしまいましたが、エアバックユニットを取り外したところです。黄色い線がエアバック作動のカプラでして、これにダミーセンサーを取り付けて処理は完了。 たったの10分で終わってしまいました。あとは普通にステアリング交換をする要領で取り付けて終わりです。
やっぱり雰囲気がガラッと変わりますね~ メーターパネルも定番のセンターメーター化&ブラックにしていくか迷うところです。

コメントする

  

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。


合計

今日

昨日

 

2010年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031