趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


生物兵器

投稿者: kimkim, カテゴリー: アクアリウム


 
立ち上げから3週間、いよいよ苔の勢力が強くなってきたので、定番のシッタカ貝20匹、マガキ貝20匹、クロナマコ3匹に加え、苔食い名人のコーレタンと、カエルウオにも仕事をしてもらってます。
  
さて、この水槽の設備を少しばかり書いておきます。まずは濾過の要となるプロテインスキマーは、H&S2200というモデル。ベルリンシステム1,500L対応というだけあってメチャクチャでかいのであります。 同社のHS400Aというモデルも使用していましたが、大きさはご覧の通り。カップに溜まる汚水と汚れヘドロの量もはんぱじゃありません。
機関室です。オーバーフロー用のメインポンプに加え、クーラー用のポンプも独立して装備してあります。普通はメインポンプひとつでクーラーを経由して、冷やした海水を水槽へ戻すのですが、この水槽は濾過槽に溜まっている水だけを循環させることもできます。もちろん、ポンプひとつでも切り替えバルブで同じ仕様にすることは可能です。
 
それと、砂底から流れを発生させる吹き出し口が6個あり、3個のポンプで稼動させます。 各ポンプを制御するのが水槽台前面に装備されているウエーブマスターという機械で、6個の噴出し口からランダムに水を噴出し、自然な流れを発生させます。
 
いよいよバクテリア濾過も始まった感があり、水槽内が落ち着いてきました。ハードコーラルやミドリイシは平気そうなので、少しずつ入れてあります。とくに前オーナーから受け継いだ緑色のウスコモンサンゴは、絶対に溶かすことが許されないので、慎重に水質管理をしています。

コメントする

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。


合計

今日

昨日

 

2010年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31