趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


ディープコーン対策

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ


デルタでシートポジションを決めようと思ったら、ディープコーンなステアリングを取り付けるのが手っ取り早い。ボススペーサーという方法もある。だが、いずれにしても避けられないのがウインカーレバーが遠くなるということ。
しかし、人間というのは慣れてしまえば、どうってことないと思えることが多い。このウインカーレバーだって、最初は不便だと思っていたが、時が経つにつれて何も感じなくなってしまう。デルタに乗れば、普通に右手でステアリングを押さえつつ、左手はステアリングから離れて、ウインカーレバーを操作するのが当たり前だった。
でも、普通はステアリングに左手を添えたまま操作できるんですよね(笑) そんな当たり前のことをもう一度できるようにしてみた。ちなみに、SPARCOのクイックリリースと、OMPのコルシカというステアリングの組み合わせのときは、クイックリリースぶんが60mmで、ステアリングが90mmオフセット。つまり150mmも手前になった。いくら手がでかいワシでも、ウインカーレバーは遥か彼方なのである。
さて、ウインカーレバーポジションアップキットという商品名なのであるが2940円というプライスを高いと思うか安いと思うかは別として、高級車に取り付けるにはチープな造りだ。デルタくらいがちょうどいい(笑) ボルト以外は、全部プラスチック製。まぁ、取り付けた後に思ったのだが、ウインカーレバーの先っぽに、あんまり重いものがぶら下がると、戻らなくなる可能性が高い。作りとしてはこんな感じでいいのだろう、、、。
だが、やっぱりつるしの状態に満足できないワシは、古い工具のグリップ部分を抜き取り、嵌め込んでみました。ですから、本当はこの状態ではなく、レバー部分は黒いのです。ちなみに、デルタでは不可能ですが、ウインカーレバーと、Hi/Lowビームの切り替えレバーが同じ車の場合、パドルシフト的な感覚でのパッシング遊びができそうです(笑)
取り付けは簡単ですが、デルタのレバー頭は細すぎます。ちょっと硬めのゴムなどを巻いて、ギュウギュウと締め付けたほうがいいでしょう。付属のスポンジだけではタッチがフニャフニャしてダメです。

コメントする

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。

 

2009年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031