趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


やってもうた~!

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

と、いきなりですが(笑)
日曜日にデルタを乗り出して、帰ってきてガレージに納めた途端に水温計が急上昇! 電動ポンプが止まったのが原因だった。あたふたしたワシは、慌ててウエスと工具箱を取りに行き、デルタの横を通過ざまに「バコッ!」っとスチール製の工具箱をデルタの右フェンダーにぶつけてしまったのだ。フェンダーといえばデルタの命(笑) 女性の顔に傷を付けたのと同じだ! ちと大げさだが。
「・・・・・。」 
声も出なかった。
見事にドアパンチをされたのと同じように、デルタの最も美しいフェンダーが! しかし、オーバーヒートぎみの緊急事態にフェンダーどころではなかったので、とりあえずボンネットを開けてクーリング。 水温も落ち着き、気持ちも落ち着いてきたところで凹んだフェンダーの精神的ダメージが・・・。フェンダーも凹んだが、ワシの気持ちも凹んだ(泣)
走ることに関する機能には全く支障は無い。しかし、ワシは何よりも外観を大切にする主義だ。この先、洗車をする度に凹みを見て後悔しつづける毎日はイヤなんじゃ~! 
ということで、さっそくネットでデントリペアの職人を探してみた。この田舎に存在するのかもわからなかったが、ググッてみると一発でヒットした。さっそく電話をして、部位の写真をメールに添付して送ってみる。 すぐに業者から電話が入り「なんとかなると思います」との返事をもらった。翌日、我がガレージに神の手を持つ彼はやってきた。この商売は95%が訪問仕事だそうだ。なにやら機材をごっそりと降ろし、無言のまま物々しい照明をセットし始める。ワシも半信半疑でどうなるのかを見守っていたが、心配は2時間後に感動に変わった。
<img src="http://martinideltajp.blog.hobidas.com/image/2008041410160000_thumbnail.jpg" width="150" height="112" border="0" alt="" align="left"■凹んだフェンダー
工具箱の角が当たり、見事なエクボが出来上がった。もうちょっと上にずれていたら完全なる修復は不可能だったとか、、、不幸中の幸いである。「こんな凹み気にすんのか?」と言われようが、気になるものは気になる(苦笑) それに、この部分はデルタの最も美しい場所だ。傷物のままで居させるわけにはいかない。
■トンテンカン・・・
特種ツールを使い裏から梃子の力で凹んだ部分を持ち上げていくのだが、1990年代初頭の車の鉄板は厚い。業者さんも苦労していたが、とくにこの部分はアールがきつく、修復が難しい部位である。鋭角なモノが当たった凹みは、表からインパクト部分の周囲を叩いて微妙に調整しながら少しずつ修正していく。 というわけで、プラスチック製の鉛筆みたいなのでバコバコ叩いている(^ ^; だ・・・大丈夫なのか?
■2時間後
完璧に元通りである。本当に感動したし、この技術はすばらしい! インパクト部分の黒ずみは2mmほど残ったが、凹みは完璧に修復された。ちなみに鉄板の薄い近代の車なら、1時間程度で直せるそうだ。 カッティング施工したワシのフェンダーを板金塗装するとなると、おそらく6万くらいになるだろうが、この修理法だと2万円で済んだ。
我がカーライフは、デルタありき。完璧な状態であってこそ、ゆとりの気持ちで他の事もできるってもんだ。これがワシの性格。ガソリン満タン3回分で車と精神的な凹みが直るならお安いもんでしょう。おそれいりました。
じつはこの作業に取り掛かる前に、インナーフェンダーを外していたのだが、その時に親指の爪を剥がしてしまった(痛) ダラダラと流れる血なんぞお構い無しに取り外したのだが、自分でメンテをする機会も減ったワシは、インナーフェンダーの外し方のコツさえも忘れてしまっていた。
ま、デルタの軽い仕返しですな(笑)

コメントする

  

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。

 

2008年4月
« 3月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930