趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


不幸中の幸い

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ

本題とは話が異なるが、並行輸入車という言葉が大嫌いだ。本国仕様車と言って欲しい(^ ^; だいたい高級外車の乗り手と売り側のブランド志向が生み出したくだらない区別用語だと思う。我がデルタは一応ディーラー車と呼ばれる類である。一度もディーラーへ点検に出したことはない(^ ^; すなわち整備記録簿もまっさらなままだ(苦笑)
ワシがディーラーからこの車を買ったのは、オーダーしてから一番納期が早かったからというただそれだけの理由だ。まぁ、デルタという車を購入してから、ほとんどディーラーの恩恵に授かれなかったというか、必要としなかった。今ではデルタを扱うショップが増えて、ますます本国仕様車とディーラー車と呼ばれているデルタのメンテに関する格差などは皆無だと思う。まぁ、デルタ以外の車でもディーラーブランドを鼻にかけて殿様商売をしてきた有名ディーラーが厳しい状況なのも日本の事情が変わった証拠ですな。
マーカーさて、数々のクラッシュによって度重なるフェンダー交換をした結果、我がデルタのサイドマーカーは本国仕様になった。これは不幸中の幸いである。しばらくの間は片側だけ日本仕様の四角いウインカーを取り付けた穴が開いているフェンダーだったので、HFバッチで穴を塞いでいたが、4年前のクラッシュで完全なる本国仕様になった。
まぁ、四角と丸は好みがあるでしょうが不幸にもクラッシュでフェンダーを交換するなら、日本仕様の穴は開けないでと言えばいいだけ。板金して穴埋めするほどのものじゃないから、修理ついでにね。

コメントする

6年の耐久性

投稿者: kimkim, カテゴリー: 車ネタ

今朝、会社へ行こうとボルボのイグニッションをひねると、なんとなく重たい感じがした。朝イチで会議を済ませ、出かけようとしたらセルが回らない・・・。バッテリーがお亡くなりになった。
ワシのS80は2000年モデルの初期型だから、6年も仕事をしてくれた。冬場は極寒のスキー場、夏場は盆地の炎天下でエアコンかけっぱなしと、デルタと違って全然気を使わないから、かなりの酷使をしていただろうに、、、。やはりトランクルームにバッテリーがあるのは良いことらしい。
話は変わるが、知り合いのミニが路上エンコしたので救出に出向いた。ワシではどうにもできないので会社のメカニックを呼んだらやっぱり昔の人間は違う・・・。牽引するかローダーでも呼ぶのかと思いきや、ギアを入れた状態でセルを回し、そのまま会社まで走っていった(^ ^; なんとも荒業である。原因はクラッチマスターからのパイプが折れてしまったことによるオイルダダ漏れ。部品を手配しようとあちこち電話するも、田舎ではなかなか見つからない。関東近辺のミニ専門店に電話するも、なぜか水曜日定休なショップが多くていまだ手配には至らない(^ ^;

コメントする

ゴルフワゴンがやってきた!

投稿者: kimkim, カテゴリー: 車ネタ

ゴルフワゴン我が家にゴルフワゴンがやってきた。とは言っても妹の車で、4万キロ走った2001年モデルだ。車好きの兄貴に相談もせずに何事だ!と、言いたいところだが、相談されてもワシも同じチョイスをしただろう、、。
これで我が家族の車は全部外車になった。

コメント(2)

  

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。

 

2006年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031