趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


ちょっとしたこと

投稿者: kimkim, カテゴリー: デルタ


しばしばこのページでは生き物として表現することもありますが、車というのは機械なのである。だから、基本的には左右対称、平行なものは平行に、垂直なものは垂直になっていないと違和感が生まれる。まぁ、ドアの立て付けやバンパーの取り付けなど、デルタは必ずしも左右対称ではないし、平面で見るとチリなんかもバラバラだ。
ドイツ車オーナーなんかに言わせると、このような部位は車を語るとすれば論外だそうで、確かにドイツ車や日本車のドアやボンネットなんかは、左右上下の隙間に誤差が無く綺麗なものです。
さて、我がデルタではありますが、先の雑誌でも書かれていたとおり、忠実にワークスカーのステーを再現したリアのマッドフラップをくるくると巻き上げているわけですが、時間の経過で微妙に先端のほうが垂れてくるのです。ドアのチリもバラバラなのは気にならないわけですが、こういうところはパッと見たときの印象が非常によろしくない!(^ ^; ということで、ホームセンターに売っているステンレスのスプリングでテンションをかけておく。1個120円、穴あけ加工一切無しのお手軽モディファイなのであります。
アバルトのシムカ2000あたりのリアマフラーにゴムバンドでテンションをかけている様をヒントにしてみました。

コメント(1)

  1. Mauro Gibellini

    KimKim,

    Here it is. Beautiful job. where are they coming from? Abarth Simca? who do sell them?

コメントする

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。


合計

今日

昨日

 

2006年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930