趣味の総合サイト ホビダス
 

kimkim BLOG


贅沢な遊び

投稿者: kimkim, カテゴリー: サーキット・走行会

いくら草レースとはいえ、サーキット走行は贅沢な遊びだ。ワシの場合は平均1.7万円程度のエントリーフィーと、交通費とガソリン代が2万円程度。遠方の場合は宿泊費がかかるから1.5万円くらいかな? さらに1シーズンにSタイヤは履き潰してしまうので10万円は固定費としてかかるのですよ。まぁ、自己満足のモディファイと、激しく劣化するオイル類の交換は参戦ごとになるから、安く見積もってもシーズンをフル参戦したらやっぱり最低10万円くらいは出費となる。ちなみにナンバーが無い車両だと自走はできないのでローダーのレンタル代金が加算されて大変なことになる。
何事も無い平凡な年であっても、デルタカップシリーズへ4戦フルエントリーをすると、固定費でざっと45万円程度の資金が必要になる。これに車検だの、あそこが壊れただのブレーキパッドが無くなったなんてことがどんどん加算されていくわけだ・・・(^ ^; おそらく年間で60万~70万くらいはかかってしまう計算じゃないですかね? あくまでワシの場合ですが、速さとか順位とか、そんなことだけを突き詰めてしまうと、アホらしくてやっていられない。賞金が出るわけじゃないし名誉もなんにもない。いや、あるかもしれないがワシはそんなのはどうでも良い。
結局、レースは競い合いだから、エントリーする方たちは自分と同じくらいのタイムの人を目標にしたり、ライバルにしたりして自分の腕が進歩したとか、去年のタイムより早くなったのは足回りのセッティングを変えたからだ!とか、車を作り上げていく楽しさがあるわけで、あまりにも生活の負担になったり、速いことに優劣をつけるのがレースなのに矛盾しているけど、速さだけを突き詰めていくとつまんないことになる。
デルタカップシリーズのいいところは、速い人もマイペースな人も楽しめるイベントであること。レギュレーションもあるけど、最低限の決まりごとくらいで、年に数回くらいはデルタに乗る方たちが集まってワイワイ楽しんでいるイベントかなぁ? クラス分けもしっかりしていて、運営に支障なんか無いと思うし・・・。まぁ、ワシなんかは自分が優勝できなくても、毎年エントリーが増えていって、イベントが盛り上がるほうが嬉しいと思っちゃうので、順位は二の次かなぁ~。いずれにしても、速さを競うことと、イベントとして楽しむことの絶妙なバランスが難しいところですよね。誰かが常勝しているなんてのもつまんないですしね。 とにかく、ピラミッドの頂点だけを見据えたようなイベントになってくると、つまんないの一言ですよ。全体のレベルが少しずつ上がっていくほうが楽しそうです。 今年もシーズン開幕まで3週間くらいになりました。お祭り色濃く、楽しんで参加してみます。

コメントする

  

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。


合計

今日

昨日

 

2006年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930